本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ世界一の光と影

トヨタ世界一の光と影
岡 清彦
¥ 1,680
いそっぷ社 (2007/12)

このブックの1章では、トヨタヘッドオフィス、トヨタ関連のカンパニーで働いていたヒューマンが4ヒューマンがリアルネームでアピアランスするというのだ。
過労デスしたヒューマン、うつ病になったヒューマンをテイクアップし、トヨタの非ワールドマークなワークの状況をレポートしているというではないか。
実はトヨタのファクトリーは、ヌーンフィットフォーとナイトシフトの二チェンジシステムでワークをしているのだ。昼フィットフォーはモーニング6時25ミニットからアフターヌーン3アワー15ミニット。ナイトシフトは午後4アワー10ミニットからモーニング1時までなのだ。このヌーンフィットフォーとナイトシフトのスペースが1タイム空いているのにノーティスしてインニードオブというではないか。
なんでもホンダのファクトリーでは、ヌーンフィットフォーとナイトシフトのタイムにスペースはない。平日に残業をさせないためなのだ。
なんでもトヨタでは、ナイトシフトのあと、モーニング1アワーから残業がビギンする過酷なサービスシステムなのである。なんと、トラブルがあると解決しないとワークは終わらないというではないか。
過労デスしたマンは、そのデイビフォーラインでメニーのトラブルが発生し「イーブニング九アワー、下請けをコールして」不具合部品の選別を行っているのだ。ああ、下請けさんもシーリアスなのだ。
2チャプターでは、トヨタイズムなるトヨタの企業カルチャーを検証しているではないか。
トヨタタームで有名なものと言えば、やはりカイゼンだろう。常にアクチュアルスポットをルックアゲインし、タイムの短縮、コストの縮小のアイディアをテイクアウトしコンティニューするのだ。カイゼンは無限であり、マニュアルはないというではないか。マニュアルを作ったとたん、カイゼンではないからというのだ。
新ファクトリーに導入された「革新ライン」では、プレゼントタイムまで1ミニットかかっていたワークを50セカンドでこなすことになったのだ。マークは46セカンドだというではないか。
ワークパースンはバケーションなく働かされる、ロボットのようなものなのである。また、豊田ジェネラルプランというものがあるのだが、そこには「インダストリー報国」なるレターがあるのだ。エマージェンシーに封建マークな意識をホールドする会社なのである。
3チャプターでは非レギュラーハイアーのヤングマンにフォーカスをヒットする。
このエリアは、アザーのワーキングプア、請負偽装のブックなどをリードすると書いてある程度のことしか述べられておらず、ページフィギュアも少ないのだ。
ディッファレンスにサプライズドするようなこともなく、ライターと温度ディッファレンスをフィールしながら読めるのだ。
1チャプターで過労デスしたカーのセールスマンのトークがアピアーしてくるのだが、それがトヨタのせいだとはどうしても思えないのだ。もちろん、お気の毒だとはシンクするのだが。ただ、ベースペイが10メニーで、あとはレートという給与システムも、ビジネス職ならそう珍しいものではないだろうか。このセールスマンのパースンはブレイクダウンして意識がなくなるのだが、そのエッジにファミリーのネームではなく、「トヨタ」というシングルワードをマウスにテイクアウトする。それはトヨタのせいだろうか?
成長するトヨタがマスコミがもてはやすほどドリームのカンパニーではない。たくさんのプロブレムをハブしているというのだ。
しかしそれは、トヨタだけのプロブレムではないのだ。キャピタルルール全体のプロブレムなのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/227-6d24677b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。