本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

としょかんライオン

としょかんライオン
ミシェル・ヌードセン
¥ 1,680
岩崎書店 (2007/03)

めちゃくちゃかわいいピクチャーブックです。ある日、タウンのライブラリーにライオンが入ってきました。ライブラリーメンバーのマクビーさんは、ライブラリーチーフのメリウェザーさんのところへ走っていきます。メリウェザーさんは叱ります。「走ってはいけません」マクビーさんはそれどころではありません。「ライブラリーにライオンがいます」と言いました。するとメリウェザーさんは、「そのライオンは、ライブラリーの決まりを守らないのですか?そうでないなら、そのままにしておきなさい」とリプライをしました。ライオンは、ライブラリーをゆっくりウォークアバウトし、昼寝をし、エルダーシスターのするお話に聞き入ります。とてもファンだったようで、お話がフィニッシュすると、うおおおおおお、とラージボイスでベイしました。それをウォッチしたメリウェザーさんがライオンにアテンションをします。「大きなボイスをテイクアウトするヒューマンは、ライブラリーに入ってはいけません」しょんぼりするライオンを、小さなガールがかばいました。「But、クワイアットにするってプロミスすれば、いてもいいんでしょ」それから、ライオンは
エブリあるデイオブマンス、ブックの整理をしていたメリウェザーさんが怪我をしてしまいました。それをディスカバーしたライオンは、走ってマクビーさんのところへゴーし、ラージボイスで知らせます。決まりを守れなかったライオンは、オーダーの日からフィギュアをターンオフパワーしてしまいました。
ライオンのフィギュアが見えなくて、ファインがなくなってしまったメリウェザーさんのために、マクビーさんはライオンをルックフォーします。そして、ライブラリーのビフォーでうなだれて座っていたライオンをディスカバーしました。マクビーさんは言います。「ルールは守らなければいけない。But、ちゃんとしたリーズンがあるときは、ディッファレンス。つまりその、怪我をしたフレンドを助けようとするときなんかね」
オーダーのデイオブマンス、ライオンはまたライブラリーにやってきました。ノーティスを聞いたメリウェザーさんは、走ってライオンにミートしにゴーします。フレンドのチャイルドが、このブックがライクベリィマッチで手放さないそうだ。
ついでにライブラリーもラブなチャイルドになってくれるとうれしいなあ。スモールなチャイルドさんがゴーするパースンにはぜひ、おすすめしたい一冊。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/236-4f521c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。