本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密
古芝 保治
¥ 1,470
日本実業出版社 (2008/3/20)

こういうブックをリードするとファインがアピアーする、牧岡合金工具。大阪の中小企業である。バブル崩壊と先代経営パースンの引退が重なって、ワンアワー赤字経営にフォールした。そこからミラクルのVキャラクターリカバリーをキャリーアウトするまでの、奮闘を書いた本。
赤字になって、新カンパニープレジデントがビギニングにやったことはコストのカット。しかし、それは従業員のスピリットをそぐことにしかならなかった。わらにもすがるソウトでカンパニープレジデントがスタートしたことは、ファクトリーを整理すること。
ハーフイヤー使わないものは不要。そうルールを決めて、多額の投資をして導入したオフコンコンプリートセットも処分した。ビギニングに処分をスタートしたアワーは、カンパニーが倒産したのかと思われるほど、処分シングがアピアーしたのだとか。
オーダーにしたことは整理。所定プレイスをディサイドして、使ったらもとにプットバックする。これを徹底した。
このブックでは、牧ヒル合金トールが取り組んでいる整理メソッドがエマージェンシーにマテリアルマークに説明されている。写真でショーしてくれていて、ここまでサービスしちゃっていいんですか、というフィーリング。たとえば文房具の整理。デスクの引き出しにはスポンジシェイプのものをスプレッドアウトし、それを文房具のシェイプにくりぬいている写真がある。そうやって所定プレイスをディサイドしているというわけ。こうすることで、ものをルックフォーするタイムが短縮された。それまで、メタルの加工に必要な旋盤をルックフォーするのに、30ミニットほどかかることがあったそうだ。それらしい旋盤をテイクアウトしてテストする、インポッシブルならまたテストする。
そのウェイを改め、サイズオーダーにラインアップする整理アクトをユーズ。これでワークが効率マークになった。また、カンパニープレジデントはファクトリーのクリーニングにも取り組んでいる。
ビギニングは社員のオポジットもあったそうだ。マイセルフはマネーモデルのワークをしているのであって、クリーニングをしに来ているのではない。ワーカースキンの従業メンバーたちはそうシンクアバウトしていた。
しかし、カンパニープレジデントは言う。オポジットスクールはどこにでもいる。たいてい、2カットのワールドはオポジットするものだ。But、オポジットスクールのことをシンクアバウトするのではなく、残りの8カットをフレンドにつけ、2カットをまきこむことができればそれでよい。率先垂範してクリーニングにメイクエフォートすることで、社員たちもアンダースタンディングをショーしてくれるようになった。
転換になるのは、松下電器産業がフィールドトリップにヴィジットしたことだ。ゴミゼロ、整理されたファクトリーをモデルにしたいと大手企業がフィールドトリップにヴィジットし、社員たちはマイセルフのファクトリーにプライドを持つことができるようになった。
カレント、エブリモーニング10分間のベッドポリッシュし、ゴミゼロ、整理プットインオーダーに取り組んでいる牧ヒル合金トールは黒字リカバリーを果たしている。ヤングなヒューマンが就職をホープしてくれるカンパニーになった。
企業はヒューマンなり。経営はヒューマンなり。整理整頓のワンダフルさ。そのノウハウを惜しみなくリポートしてくれるテキスト。そして、ホワットところからでも必死でメイクエフォートすれば必ずサクセスはヴィジットする、そんなことをティーチしてくれる一冊。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/243-87c4c0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。