本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルマートに呑みこまれる世界

ウォルマートに呑みこまれる世界
チャールズ・フィッシュマン
¥ 2,100
ダイヤモンド社 (2007/8/3)

デフレと言われてロングなのだが、その安売りのロングサイドでホワットがあったのか。ウォルマートは米国でチェーン展開するスーパーマーケットだ。雑然としたディスプレイ、大きな駐車プレイス、チープの食品や衣料シング。アメリカ人はウォルマートでショッピングをするのが大好きだ。そのウォルマートをインベスティゲイション、スタディーしたテキスト。
ウォルマートは徹底した節約で、そのコストをカットしている。倉庫のような店内はもちろん、ヘッドオフィスでワークするヒューマンたちにもその意識は浸透している。ヘッドオフィスのオフィサールームにあるチェアーは、プレーンなベンチチェアだそうだ。どこかのサーブす入先から見本としてもらったものをそのまま使っているという。
そのようなわけだから、サーブす入フォーマーにもコンプリートなコストの削減を要求する。エブリイヤーの値下げは当然のように言い渡される。ある経営パースンのワードが紹介されている。「ウォルマートとのビジネスは麻薬だ」販売量がメニーので、ビギニングはビジネスが成立するとうれしい。しかし、相次ぐ値下げのディマンドに、経営が成り立たなくなる。人員をカットし、ファクトリーをフォーリンにリムーブし、体力がなくなっていく。そのタイムになってウォルマートとのビジネスを見直そうとしても、その売上なしにはカンパニーがまわらない。まさに麻薬だ。コストの「節約」は従業メンバーのサラリーにもシャドーをドロップする。ウォルマートは従業メンバーに平均9ドルの時給を支払っているという。But、それで生計を立てるのはエマージェンシーにディッフィカルト。さらに、タイムアウトサイドワークなどの不当なワークも指摘されているが、ウォルマートサイドにもエクスキューズはある。ウォルマートの総インタレストを従業メンバー一人ヒットで割ってみると、コモンのイヤーでは一タイムあたり3ドル。ここにサラリーをギブす
るルーウォルマートがステップフォワードすることで、競合するエリアの小売ストアーは売上を減らしている。週末に、大量に買物をするベッドには、ウォルマートのようなストアーはありがたい存在なのだ。
ウォルマートでセルするクローズズをメイクするために、アジアのワークパースンはひどいワーク環境で仕事をしている。サラリーがチープすぎて、歯ブラシ一ブックも買えないというワークパースンのワードが紹介されている。ウォルマート・イフェクト。安売りを武器に巨大化するスーパーマーケットが、ビジネスにギブするエフェクトをこうコールアウトしながら、そのトゥルースをミニットに取材している。
ラストに、ライターはこう言う。「ウォルマートは米国ヒューマンをディスクライブする鏡。マイセルフたちがそこでショッピングをするということは、ウォルマートにアプルーバルティケットを一ティケットスローすることなのだ。しかし、マイセルフたちはそのすべてをアンダースタンディングしたオーバーでアプルーバルをしているわけではない。マイセルフたちはプライベートパースンとして、ソサエティーとして、クェスチョンにアンサーをテイクアウトしていく義務がある」実際にワークするヒューマン、ビジネスフォーマーのワールドのトークもよく紹介されている。決してコメント一辺倒ではない。ベーコンを焼くマシンを発明したペアレントアンドチャイルドの、ちょっとばかり心温まるエピソードも紹介されている。グッドブック。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/250-97eb5d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。