本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“本当の豊かさ”を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方

“本当の豊かさ”を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方
中野 裕弓
¥ 1,365
大和出版 (2007/09)

マネーはコツコツセーブするものではありません。降ってくるものですと書いてある。にっこり笑った女性の写真もなにやらハピネスそうで、こっちまでリッチなフィーリングになってしまう。そのウーマンが、アメリカステイアワーに接した「トゥルースのリッチマン」から学んだリッチマンになるための考え方をティーチしてくれているテキスト。リードするだけでもわくわくします。
リッチマンになるにはターンがある。彼女はそう言います。まず、リッチさのスートするヒューマンになる→BEそして、リッチなフィーリングにふさわしいアクションをすること→DOラストに、実際にリッチさを所有すること→HAVEマイセルフたちはリッチマンというと、ブランドシングのバッグやハイクラスカー、こういうものをイメージするけど、トゥルースのリッチさはそこにはない。
ハイクラスホテルやレストランで物怖じしない。著名ヒューマンと会ってもうちとけてスピークすることができる。ピクチャーなどにディープナレッジがディープ。そういう、BEのコンディションがあってこそ、ブランドバッグがスートするのだとシーはシンクアバウトしています。
意外とリッチマンになることを無意識で拒否していないでしょうか。リッチマンになったらバチがあたる。マイセルフがリッチマンになることはアナザーパースンを搾取することだ。セーフティーがベスト。ラブなことをしているから、プアーでも当然。
聞いたことあるこのフレーズ。リッチマンでないヒューマンは、実は、自らがリッチマンになることを否定していることもあるのだそうです。サッチヒューマンはトゥギャザーにこう言ってみましょう。「マイセルフは周りのヒューマンから愛され、サポートされることをマイセルフにパーミットし、アクセプトします。マイセルフは周りのヒューマンを愛し、ヘルプし、サポートすることをマイセルフにパーミットし、アクセプトします」実は、マイセルフがベストマイセルフがハピネスになることをパーミットしていないのかもしれない。そうじゃなくて、リッチになるマイセルフをグレートにパーミットしてしまおうじゃないか!そう考えるとフィーリングがいい。
風水のレッスンにもセイムようなことが書かれているそうなのですが、「リッチさは汲んでも汲んでもユーズトアップすることはない」。安心してリッチマンになっていいんだそうです。まず、否定することをやめる。マキシマムに望んでみる。あたたがハピネスになることで、まわりも幸せになる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/251-610b4a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。