本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか
河合 太介
¥ 756
講談社 (2008/1/18)

ジャパンの職場がチェンジしている。そのステート、改善プランを提案しているのだが、ジャパン企業のサラリーマンはジェネラリストであったのだが、職場では専門化がメイクプログレスし、プライベートパースンのワークが分断されているリザルト、社員は孤立しがちで、アナザーパースンの苦労やトラブルにスピリットが回らないことがメニーなのだ。プレイスオブワークには、社員がワーク以外で知り合いになるチャンスがメニーだったのだが、クラブアクション、ドリンクしアンダースタンディング、社員トラベルなどである。But、コストカットのあおりをアクセプトして、そういったプレイスが少なくなったというのだ。ワークの専門カスタムがライズすることは、社員プライベートパースンがタコツボに入ってワークをしているような「タコツボ化」を進めた。関係がシンでタコツボ化のメイクプログレスするカンパニーではプロブレムがシェア化されにくいというのだ。だからホワットかトラブルがあったら誰かに協力してもらう、マイセルフも誰かのトラブルに協力する。サッチトラスト関係を作らなくてはならないというのだ。そのためには、コミュニケーショ
ンがグーグルにはワーク以外で社員が知り合いになるメーリングリストがある。ランチをトゥギャザーにイートするコミュニティもあるそうだ。よりた歯科というホスピタルでは、社員が自発マークにパフォームするイベントがある。診療をバケーションにして、クイズやゲームを行うデイオブマンスがあるというからサプライズ。院長自ら信条をメイクし、社員にゲストをインポータントにするという意識をシェア化させる。社員のエフォートもポジティブマークにユーズするという姿勢が見られる。
協力関係をビルドするには、長期マーク取り組みがインポータントだ。どのカンパニーも、社内のムードをチェンジするのに3イヤーほどかかったそうだ。意識をシェア化する。ワークをプライベートパースンがハブするものにしない。ワーク意外で社員が知り合いになるチャンスも見直してみたい。社員トラベルをすればいいというものではない。ドリンクしアンダースタンディングをいやがるヤングなヒューマンのことがニュースになるが、それは「あなたとの」ドリンクしアンダースタンディングがいやなのだと自覚したパースンがいい。トゥルースで、社員にとって魅力マークなイベントであるかどうか再考してみよう。インポータントなことは、社員をライトアップし社員にサンクスするというフィーリングである。経営パースンだけではなく、自分の仕事場をフィーリングのいいものにしようとシンクアバウトしたら、誰でもできるインポータントなことである。
ありがとう、すごい、さすが。サッチワードを使いワーク至上ルールだったカンパニーが、社員至上ルールになって、かえってワークを伸ばしたカスタムもあるというのだ。
カンパニーはワークをするところ、ワークだけしていればいいというサッチカレントに、ワンゲームをスローする一冊なのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/252-9da237f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。