本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MM9

MM9
山本 弘
¥ 1,680
東京創元社 (2007/12)

MMとはモンスターのプランをライトする単位である。ハウトゥリードはモンスター・マグニチュード。怪獣のサイズから予想される災害の脅威ディグリーをフィギュア化したものだ。
ワールドイーチネイションにはモンスターが頻繁にアピアーする。そういうクリエイションのワールド。ジャパンでモンスターに対応するのは気象庁特異ローフード対策クラブ、略してスピリット特アゲンスト。いまどきのヤングマンウィンドだが、実はワーク熱心な涼。ちょっとどじなガール、さくら。ビューティフルパースンサイエンスパースンの悠里。ワークのストレスで胃が痛い、モーストデューティーパースンの久里浜。ゼイが気特アゲンストのメンバーである。
なんかパトレイバーみたいだな。暴走するエビのグループ。放射能をシャワーし、アフリカから飛んできたコウモリの変種。巨大なベイビーガールのモンスター。スピリット特アゲンストはモンスターからジャパンをプロテクトするべくエブリデイアクティビティーしている。しかし、このストーリーのワールドでは、モンスターがアピアーするのは日常のジェネラルのイベントである。モンスターのプラン、発生プレイスがジェネラルシチズンにはウォーニングとして知らされるが、予報が間違っていたらブレイムされることもある。パトレイバーソートオブなんだ。さて、5ブック収められている小説だが、ラストトークがクライマックスになる。
ジャパンに、九つのヘッドをホールドする竜のモンスターがアピアーした。プランはMM9。かつて存在しなかった大きさだ。これはジャパン古来からゴーアロングする神話の竜、ヤマタノオロチではないか。カラーするスピリット特アゲンスト。そのスピリット特アゲンストのオフィスに、あるアソシエイションが乱入し、鎮圧しようとする。それは、サイエンスパースン悠里の知己だったマンだ。
ヒーはマイセルフのナチュラルシェイプをゴーストだと告白した。ゴーストはかつて存在していた。いまもしている。しかし、それは伝説や昔話としてなかったものにされている。モンスターだってそうだ。いつか、テレビの連続ドラマだと思われてしまうかもしれない。存在を忘れられることはペインだ、そうだろう。モンスターが存在しないものなら、スピリット特アゲンストだって…。
神話のインサイドで、ヤマタノオロチをコントロールするのはジャイアント、それもウーマンである。そうだ、つい先日アピアランスしたではないか。ワールドのベイビーガールのアピアランスをもったモンスターが…。
お忘れではないですか?サムタイムアゴーさらっと書いてしまいましたが、巨大なベイビーガールのモンスター、シーこそがヤマタノオロチと対決できる神話のウーマンだったのです。
ライターはとサイエンティフィックソサエティーのパースン。「物理ルールに従えば、そもそも体重100トンをクロスオーバーするローフードが地上で直立歩行できるわけがないのである。しかし、このシーリアスなパズルをいまだローフード学者はエクスプレインしてない」なんてセンテンスもある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/253-ada5a58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。