本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い
山田 真哉
¥ 735
光文社 (2008/2/15)

食い逃げされてもバイトはハイアーするなの下巻なのだ。前回のタイトルを否定するタイトルにアイを奪われて、食い逃げされてもバイトは雇うなはミステイクというテキストなのだ。大きなテーマは「アカウントナレッジは万能ではない」ということのようなのだ。副題に「禁じられたフィギュア」とあるのだけど、ソサエティーにあふれるトリックしのフィギュアをあげながら、フィギュアをリードするフォースを持とうとクレイムしているのだ。
「このカウンターから1ハンドレッドミリオンマネーのヒットくじが12ブックアピアーしました!」あなたはこの宝くじカウンターで宝くじをバイしますか?バイする、これからもヒットくじがアピアーするにディッファレンスない。買わない、パーストにアピアーしたのだから、もう出ないだろう。どちらのシンキングもミステイクなのだというのだ。宝くじの抽選に不正がないリミット、どこで買っても確率はセイムだというのだ。コンディションのいいフィギュアに騙されてはいるのだというのだ。
ブックの途中では女子大イノセント会計士のメインキャラクターがアピアランスして、カンバセーション仕立てで説明してくれているのだ。プランを上回ってインタレストをテイクアウトした上場企業が、プランからはずれるためインタレストをなくしてしまおうとする話があるのだ。
ジェネラルコモンピープルからシンクアバウトすると、インタレストはメニーなほうがいいとシンクするのだが、プランがインポータンスされるあまりこういうことをするカンパニーがあるのだ。
カンパニープレジデントが保険に入って利益を保険マテリアルとして使おうとするのだが、保険を安易にユーズすることのデンジャーが説明されているというのだ。
食い逃げされてもバイトはハイアーするのだ。アカウントマークにシンクアバウトすると、ハンドが足りなくて食い逃げされても、飲食プライスとバイトにペイする人件コストをシンクアバウトすると飲食プライスのほうがチープ。だから、バイトを雇わないほうがいい。だけど、ソサエティーには非アカウントマークなシンキングもある。食い逃げしやすいという評判がスタンドすることはナイスなことではない。いずれはレジごと狙われるリスクもあるというのだ。だからバイトをハイアーするパースンが長期的にウォッチすればプロフィットなのであるというのだ。バイトを雇うなというのは空論オンザデスクでしかないというのだ。ソサエティーで、アカウントが万能だという考え方があるが、アカウントで語れることは一フェイスでしかない。非アカウントマークなサイドからも見なければいけない。ライフをするオーバーで、常に複眼マークなオピニオンをホールドしたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/262-a13b7679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。