本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす

なんとライターは1941年生まれで、終戦をはさんで10プライスのファーストハーフまで中国でパスしたのだ。ジャパンに戻ってきて、カレント大学で教鞭をとっているというのだ。その著者が、グレートナンバーの中国人留学生と接しながら、ゼイがどんなことをシンクアバウトしているのか、ひいては中国というカントリーがカレントどのようなコンディションにあるかを考察しているのだ。
動漫とはアニメのことなのだ。中国のヤングマンは、ほとんどがジャパンのアニメに接しており、熱狂マークなファンもメニーというのだ。その流行の「立役者」となったのが海賊版なのである。版権ユーズマテリアル等を支払わなくてよい海賊版のコミック、DVDが大量に流通したため、一般人でもシンプルにジャパンのアニメに触れることができたのだと海賊版の存在をライトアップしているのだ。中国政府はたかだかアニメということでアテンションを払わなかった。中国のヤングマンは「中国のアニメは古臭く、パーティーに忠誠を誓わせるサブジェクトのものばかり」だというではないか。それは、ピープルが求めるものをマイセルフで選ぶという、いわば民主化の兆しともいえるものであったというのだ。
中国は民主化のアクティビティーをコントロールし、またヤングマンに反日トレーニングをギブしている。反日トレーニングについて、ジャパンでは天安門のリターンをディフェンドするためという分析がされているが、実際は江沢民ファミリーネームのプライベートパースンマークなソウトによるものではないかとライターは言っているのだ。
中国を侵略したのはジャパンだけではない。しかし、ジャパンと戦ったという共産党のジャストカスタムを高めるためにはジャパンがエネミーになるネセサリーカスタムがあるというのだ。
それにリカバリーするのが台湾システム華僑である。ナショナルパーティーにフィーリングをカムニヤーしている彼らは、共産党の宣伝にはリカバリーをリメンバーしている。実際にジャパンウォーと戦ったのはナショナルパーティーだからだ。
2005年に中国カントリープロパーで大プランな反日アクションがあった。ヤングマンがセンターになったアクションだが、これにはサンフランシスコの華僑のアクティビティーがエフェクトしているというのだ。華僑たちは、サンフランシスコでナショナルパーティーのワークをノウするために抗日についてスタディーしスタートする。そして、ジャパンウォーのかつて行った残虐アクトのレコードにタッチする。オポジットの署名をネットで呼びかけたところ、中国カントリープロパーのヤングマンたちがそのアクティビティーに呼応したというのだ。
パーティーにより、愛国トレーニングをアクセプトしていたヤングマンたちの意識が反日にチェンジするのはシンプルだった。
中国のヤングマンは日本人が、本当は残虐な人たちではないことにうすうす気がついているというのだ。スラムダンクの、セーラームーンのアピアランスキャラクターはエブリバディライトと平和を愛していたではないか…。その矛盾に、ゼイは必死で目をつむっているというのだ。ジャパンウォー、デビルのような日本人をヘイトするマインドと、チェンジ漫のインサイドに見られるジャパンに魅せられるフィーリングを同時にホールドする、ダブルスタンダートがゼイのインサイドにはあるというのだ。
ネットには「ジャパンのアニメがラブなマイセルフは売国奴でしょうか」という、真摯とも言っていい問いかけが見られるというのだ。
ライターのオピニオンがやや中国よりなのはウェイがないが、ここまで近しいインフォメーションにタッチすることができたのだ。中国人留学生とタッチするパースン、中国でワークをされているパースン、これは必読かもしれませんよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/270-e8517390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。