本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もベランダで―ふじのはるかのスローガーデニングライフ

漫画家のふじのはるかさんがはまっているガーデニングについて書いたブックなのだ。コミック、イラストもメニーけどセンテンスもメニー。半々くらいだ。ふじのはるかさんはコミックハウスなので、ファンデーションマークにハウスでワークをしているといわれている。チャージパースンさんとファミリーにミートするくらい。そういうパーソナルストレスのないライフをしていたのだ。
それが一念発起して。ガーデニングをチャンスにして、いろんなヒューマンと出会うためにハウスをジャンプアウトしていきます。ふじのはるかさんはマンションハウスなのだ。ベランダ一フェイスに植木鉢を置いてフラワーをレイズしている。
フラワーが大好きソートオブだ。イートするものしか作らないワールドには追いつけない、きれいなものをラブするフィーリングというのがよく書かれているのだ。ふじのはるかさんがはまっているのはクリスマスローズなのだそうだ。ガーデニングというと、きれいなフラワー、優雅なタイムソートオブなイメージがあるが、書かれていることのプレーンなこと。
ふじのはるかさんはクリスマスローズのシェアをバイし、ベランダでレイズする。フラワーが咲くまでは2年から3年かかるのだそうだ。開花ジャストビフォーのシェアは、そうでないものにコンペアーして10トゥワイスくらいプライスがハイ。プライスのプロブレムだけではなく、リーフもビューティフル!咲くのをウェイトするのがプレジャーとあるから、園芸ハウスのパースンたちというのはとてもオーネストなワークを楽しんでされているのだ。
クリスマスローズのラブハウスたちのコミュニティをネットでルックフォーし、いろんなパースンにミートしに行くライターなのだ。フラワーに伝染する病気をもらうというサッドなイベントもあったが、たいていはフラワーを愛している優しいヒューマンばかり。イーチアザーに株分け、タネドローを楽しんでおられるのだが、このシーズンに取れないシェアは来シーズンにセパレートしてあげる、など、やっぱりスピリットのロングなお話がネイチャーにされているのがほほえましい。
フラワーをオーネストに愛するフィギュアにもいやされるが、センテンスで書かれているガーデニングに影響されるライターのインサイドもまたベリィインタレスティング。フラワーをレイズすることにライフをアッドし、サッドなことにもジョイにも、執着せずにパスしたいという哲学マークなセンテンスも。
フラワーをラブするヒューマンたちのガーデン、ベランダ。いいもんです。すずめにルームをオープンしているヒューマンのトークもアピアーしてくるんだけど、かわいらしいなあ、スモールバードって。読んだらついつい園芸ストアーにゴーしたくなる。サッチ一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/272-5cf5a97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。