本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都花街の経営学

タイトルは「舞妓 Haaaan!!!」です。サッチわけで。トゥデイは知ってるようで知らない舞妓、芸妓さんのワールドのお話しです。
著者は京都で育ったウーマンで、カレントはユニヴァーシティーでスタディーメンバーをされています。たくさんの資料をファンデーションにケアフルに書かれており、何より京都の花街に対するラブが感じられる。
花街とは、舞妓さん、芸妓さんが住んでいて、ゼイと遊べるストアーがあるタウンのことといっても、マイセルフたち一般人にはどうにも敷居がハイ。そのリーズンのひとつに、一見さんお断りというものがある。一見さん。いちげんさん、と読んで、フレッシュのゲストのことをさす。一見さんお断りとは、フーかの紹介がなくてはストアーにゲットインすることができないということ。
ファンデーションマークに花街にはパースを持たずに行ってもプレイすることができる。ウェアーしアカウントにしてアフターで清算することがファンデーションなのだ。
お茶屋で遊んだお客さんは、そこでの飲食プライスは後払いである。また、御茶屋のセッティングで二次会にゴーするときは、そのストアーでの支払いも移動のタクシープライスも後払い。
そのため、信用の置けるお客さんしかアクセプトすることができない。また、お茶屋でのもてなしは、ゲストのオーダーをアクセプトしてされるものではない。お茶屋がホワットも聞かずに手配するものであるため、データのないフレッシュゲストにはイナフに接客ができないし、お茶屋はファンデーションマークにウーマンの経営パースン、舞妓さん、芸妓さんのハウスでもある。ウーマンホームに知らないマンをプットインすることは抵抗がある。
そういったことも一見さんお断りの背景になっているのだ。さてその舞妓さん、最近ではインターネットを通じてホールカントリーからの応募があるそうで、お茶屋さんでもシンプルにユーズすることはできない。アダルトの舞妓にレイズするまでは着物もプラクティスにかかるコストもお茶屋ホールド。それは投資なのだから、きちんと勤められるワールドをシースルーするのがインポータントなんだそうだ。
ミドルスクールを卒業したばかりのガールがハウスからリーブして、多分ボーンして初めてのグループライフをエクスペリエンスする。さらに、エルダーの芸妓さんをエルダーシスター、女将さんをマザーと呼んで、上下関係を叩き込まれる。モーニングアーリーに、イーブニングはお座敷がフィニッシュするまで寝ることができない。厳しくてランアウェイするチャイルドもメニーなそうだが、いったん花街にゲットインすると、そこにいるヒューマンたちはみなファミリーになる。厳しい上下関係も、ホールライフそのチャイルドを身内としてショーインすることのプルーフなのだ。
ゲットインするのは厳しい、しかし入ってしまえばそこがホームタウンになる。それはいったん客とライトアップしたワールドをコンプリートにもてなす花街の哲学とメインする。舞妓さんのレギュラー、プラクティスのステート、花街でワークをするヒューマンたちのキャリアプランなど、ベリィインタレスティングなことがたくさん。舞妓さんウィッシュのパースンがもしいらしたら、これは必読です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/273-9bafac4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。