本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

隅田川沿いに建つ鈴木さんの家は、建築費0円で材料はタダ。工事費も自分で建てたのでタダなのだ。
木で骨組みを作り、段ボール、耐火シートで屋根を作る。そして全体にブルーシートをかければ出来上がりなのだ。
家の中にはテレビ、CDラジカセ、炊飯器、コンロ、ストーブがあるのだ。自転車は二台所有。折りたたみ式のちゃぶ台が食卓になる。
家の材料も、家具も、全部鈴木さんが拾ってきたのだ。東京には使えるものがたくさん落ちているのだ。
自転車は海外赴任する会社員がくれたものだ。盗難品でない証明として、譲渡証明書もきちんと作成してくれたというではないか。
建築を学んだ著者が、東京のホームレスの家をレポーとしているのだ。
ホームレスって一体なんだ鈴木さんは家を持っていると認識しているというではないか。
家の中の電化製品はバッテリーで動かし、車のバッテリーを使っているのだ。ガソリンスタンドで使用済みのバッテリー他をもらってくるのだ。なんと車のバッテリーとしては不十分でも、電化製品を動かすのには十分な電力が残っているのだ。
なんと都会であふれている不要と思われているモノが、実はまだまだ実用に足るものであるというではないか。鈴木さんはきちんとガソリンスタンドと交渉してもらってくるのであって、ちょっとした助け合いの光景がそこにあることにも感心してしまうというのだ。
こんなに立派に建った家も、一年に一度は解体しなければならないのだ。法律では、所有していない土地に家を建てることは許されない。
解体すると家はばらばらになってしまうのだが、役所の検査が終わるとまた鈴木さんは元通りに家を組み立て、必要であれば改善を加える。いわゆるリフォームも簡単なのである。
著者が0円ハウスに惹かれるのはこういったところだというのだ。人の身幅にあった住居。いざとなれば取り壊し、移動し、自由な住まい。都市における遊牧民生活のようだと考える。
著者が0円ハウスの話をすると、「こういう生活がしてみたい。でもできない」という感想が多いそうだ。徹底的にものを持たない実際にはそうでもないけどものに支配されない生活。必要なものはそれに応じてどこかから調達できるという生活。うらやましくも感じる。といいつつやっぱり無理なんだけど、いざとなればなんとかなっちゃうんだなという、変に明るい気持ちになるのがこの本を読んでよかったことだ。
ただのレポートで終わらず、著者の建築感、家に対する哲学も織り込まれており、読み応えがある。何より開放感と晴れやかな楽しさが残っているではないか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/274-375534b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。