本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社で心を病むということ 松崎一葉著

ライターの松崎一葉氏はマインド科インダストリーメディスンとして働いていて、ワークするヒューマンのうつ病について書いたブックなのだ。社員をプロテクトするためのエフォートがよく書かれているではないか。著者の松崎一葉氏は、精神をボールに例えているのだ。エアが入ってまん丸なコンディションがサウンド。そこにアウトサイドからのストレスがジョインインすると、ボールのシェイプが歪む。
同じストレスでも、耐性のあるヒューマンは跳ね返してボールをラウンドにファンデーションに戻せるのだが、耐性がウィークだったり、ゲットタイアードしていたりするとボールが弾力を失ってしまう。跳ね返せなくなるのがうつのコンディションだというではないか。
なんでもストレスには指標があるというのだ。ストレスマグニチュードと呼ばれる。いくつかカスタムをあげてみよう。
・配偶パースンのデスが100。ライフ状況のチェンジが25。失業、ハイアーが73。ボスとのトラブルが23。結婚が50。ビジネス状況のチェンジが38だというのだ。
アザーにもいろいろあるが、時々マイセルフのストレス状況を確認してみるといい。100スポットをクロスオーバーしていたらインポッシブルせずブレイクしたほうがグッドというのだ。
カンパニーでうつ病を発症させないためには、ミドルコントロール職のパースンのワークがインポータントだとライターは言う。ユージュアルから接している部下のライフに、上記のような変化があったらスピリットをつけてやってほしい。
うつを発症する前グレードとして、アクションフェイスでのチェンジがアピアーする。欠勤、遅刻、リーブアーリー、ワークでの単純ミス。こういったグレードで、マインドの病だと気づかずにいると、精神フェイスでのコンディションがシーリアス化する。
「たるんでるな」と突き放さずに、「どうかしたのか?」とボイスをかけてあげることがインポータントだというのだ。
うつになりやすいヒューマンはワンセルフエフェクトフィーリングがショートに、ワンセルフコントロール傾向がハードなヒューマンである。ワンセルフ効力フィーリングとは自信とシンクアバウトするとわかりやすい。マイセルフに自信のないヒューマンはアナザーパースンの評価がスピリットになる。そのため、過分な仕事を抱え込んだりするというのだ。
また、ワンセルフコントロール傾向とは「やればできる」というシンキングだ。がんばればできると思い込んでいると、これもまたバイワンセルフをコーナーしていくことにつながるというのだ。
スポンサーサイト

コメント

わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」

“あなたの体は、悲鳴を上げています”
たとえば、うつ状態が長く続くと、下のような「カラダの症状」が出てきます。

  • 2008/05/21(水) 18:16:33 |
  • URL |
  • 時給百円未満 #-
  • [ 編集]

こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。著者の講義を受けたことがありますが、非常にシンプルにわかりやすくお話されます。とても好感が持てました。

  • 2008/06/22(日) 16:03:28 |
  • URL |
  • drarbeit #yl2HcnkM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/275-77ab5e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。