本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100Inc. エミリー・ロス、アンガス・ホランド著

100Inc.は、ワールドマーク企業100カンパニーを取材したブックで、ビジネスにサクセスした現代のハンドレッドミリオンメニー長者をテイクアップしているが、「こうした企業をレイズしてきたヒューマンたちに共通ヘッドはほとんど存在しない」というのが結論なのだ。
偉大な企業のフィギュアだけ、ビジネスでサクセスをペイするパスもまた存在するということだ。このブックのインサイドにはマイセルフたちが知っているたくさんの企業のネームがアピアーしてくる。そしてシュアに、どの企業もサクセスするまでにさまざまなプロブレム、コンフリクト、チャンスに遭遇している。
携帯テレフォンのリアルフォームを作っているノキアはもともとフィンランド南部の製材プレイスだった。それがゴムやテレフォンラインをメイクするようになり、1981年に携帯テレフォンビジネスに参入した。といっても当時はヘヴィさ10キロものオートモビールテレフォンである。
一ディグリーは携帯テレフォンビジネスから撤退しようとシンクアバウトしたが、社内のヤングパースンにその判断をゆだねた。弱小な経営ファンデーションであっても、いかにパワフルなコンパニオンをヒットし負かすか。そのことをインポータントポイントにプットし、ノキアはヤングな人材をフォーリンカントリーでスタディーさせ、経営に参加させた。
厳しい環境でリブしているフィンランドヒューマンは、生き残るためにはチェンジに適応しなければいけないとシンクアバウトしている。
マイセルフがお世話になっているアマゾンを作ったのはベゾスというキャラクターだ。ヒーは8エイジのタイムアクセプトしたテストで、優秀であるとデシジョンされた。英才チャイルドトレーニングメカニズムに入っていたというジーニアスだ。
1994年、ヒーはインターネットマーケットのポッシブルカスタムにノーティスする。いくつかの製品をイグザミネーションしたリザルト、ブックが最も販売に適しているとデシジョンした。
ビギニングはシアトルの一軒家、やがて倉庫をボロゥしてブックの販売を始める。IT業種のバブル崩壊のエフェクトをアクセプトするが、2003年に黒字を計上した。
アザーにも、・ベトナムリターンソルジャーがスタートしたフェデックス。サラリーとしてペイするマネーがなくて、なけなしの200ドルをカジノに突っ込んだトークがおもしろい。
「さまざまなリスクはあるが、ベトナムで200ヒューマンのソルジャーのライフを預かいたことをシンクアバウトするとフィアーづくことはなかった」
・アンダースタンディングのいくクリーニングチャンスがコンプリートするまで、5000台以上のテストピースチャンスを作ったダイソン。
・セールスとしてハイアーしプットインしたウーマンがあまりにも有名になったために、嫉妬して解雇してしまったタッパーウェアの経営パースン。
有名な企業に、サッチエピソードがあったとは。シーリアスインタレスティング。
ピクサー、ナイキ、コカコーラ、ソニー、任天堂、バービー、ポストイット、イケア、スターバックス、デル、バーニー・エクレストン、オークリー、プラダ、グーグル、ヤクルト、サブウェイ、M・A・C、ポルシェ、ほかグレートナンバー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/277-e38251f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。