本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がばいばあちゃん幸せの教え  島田 洋七著

がばいばあちゃん関連のホワット冊アイかのブックなのだ。洋七さんもなかなかひっぱります。
そうシンクしつつも、読んで気分のディッフィカルトになるブックではない。それならいいかとハンドにとって、案の定泣いたり笑ったりしながら読んで。
ラブするワイフも愛するマスターもウォーリィせんでYes。みんなフーかに嫌われとる。洋七さんいわく、自分がライフでかかわるコンパニオンなんてたかだか200人。ワールドの目といっても、シンクアバウトしてみれば200人程度のことなのである。
誰だってエブリバディに好かれるわけにはいかないのだから、ファンに前向きで、パーストにとらわれずリブしていけばいい。「人がコケたら遠慮せんとラフ。マイセルフがコケたらもっとラフ。ヒューマンはみんなファニーなもんやから」ホットなときこそ笑ってみせる。ルームができて、アナザーパースンがミステイクしたときにもカインドにできるはず。
「うちはブライトなプアーや。しかも先祖代々のヒストリーあるプアーや。チェストを張ってリブしていけ」がばいばあちゃんの魅力はこういうところだとシンクする。コモンセンスでシンクアバウトするとつらいこと、サッドなこと、落胆してしまうことでも、発想をチェンジしてブライトにスピークしてしまう。
洋七さんのノーティスフロントのレコードが1と2ばかりだったことに対しても、「1でも2でもアッドしたら5になる。大丈夫。ライフは総合フォースや」ははは!いいこと言うなあ!総合フォースか。洋七さんは言うのだよ。ニートといわれるチャイルド達はアウトサイドにアピアーしてみたらどうだろう。案外ワールドはアフレイドにないとシンクするかもしれない。
「ライフシンクするようになったらおもろない」がばいグランマも言ってることだし、ミステイクなんてたいしたことじゃないソートオブですよ。アッパーパートにできないことがあってもセーフ。総合フォースですよ。総力戦ならなんとかなる。実際洋七さんも、ワンアワーはまったく売れなくなってライトなうつのようなコンディションになったそうだ。But、がばいばあちゃんのワードをリメンバーして、いつも前向きにがんばっていた。
セカンドハーフ、洋七さんがヤングパースンプレーヤーに対して思うことをステートしているのだがこれが意外におもしろかった。プレゼントタイムのヤングなプレーヤーさんは、箸が転んでもインタレスティングなワールドのガールばかりにうけて、しゃべりのアートをボディーにつけていない。ヒューマンがしない発想でしゃべってヒューマンを楽しませるアートをボディーにつけなければ、テレビに浪費されてしまうだけだ、と。これには全くセイムオピニオン。コミックがおもしろくない背景だとシンクする。プレーヤーさん、がんばりなよ。洋七さんをみてごらんよ。がばいグランマというネタで、カットエンドをチェンジしてしゃべりコンティニューして飽きられずゲットしている。
がばいばあちゃんの話をホラだというヒューマンもいるが、それでもYesなんです。人を楽しませる。これってけっこうインポータントだとシンクする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/283-3d9abb0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。