本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。

人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。岡本太郎著は、アートハウスの岡本太郎さんのエッセイコレクションです。テーマに沿って書かれたものでははく、いろいろなマガジンなどに発表したものをコレクトしたブックのようなのだ。
マザーのこと、パリへ留学していたときのこと、身辺雑記と、サブジェクトはさまざまなのである。センテンスの長さもさまざま。トゥデイは岡本太郎のマザー、岡本かの子ファミリーネームについてのエッセイを紹介してみようとシンクする。
岡本かの子は、サンの分析によるとガールのような人だったらしい。純粋、無邪気、幼稚。ソサエティーをリブしていくには困難なキャラクターだったとホワットディグリーも書かれている。
岡本かの子ファミリーネームのストーリーを読んで、シーを母性のヒューマンだったと言うヒューマンがメニーなそうだが、実際にはまるで違っていた。シーはチャイルドのレイズしパースンなどまるで知らないワールドだったという。
マイセルフがスタディーをするために、チャイルドをたんすにひもでくくりつけたりしていたそうだ。
コウルドをひいて熱をテイクアウトしても介抱などせず、アフターから太郎がそれをアスクすると「But病気している太郎なんて、ダーティーにて嫌だわ」とアンサーしたが、岡本太郎はマザーを慕っている。
マザーはマザーではなかった。But、一ヒューマンのウーマンであり、無邪気なチャイルドであり、生身のウーマンとディープに関わってきたというソウトが太郎ファミリーネームにはあるのだという。
サッチマザーをサポートしたのはファザーであった。「このドーターは普通ではないから、結婚するならホールライフトラブルをみてくれ」と言われて、かの子を嫁に迎えたファザー。
ヒーはペインターであったが、ライフのためにコミックをドローしスタートした。岡本かの子はそれを疎んじ、マリードカップルの仲はデンジャラスになったこともあったが、ファザーは現実をうまくジャッジし、かの子がストーリーハウスとして大成することをサポートしていたようだ。ファザーはかの子を観音菩薩としてあがめるようにしていた。
ジェネラルのペアレントアンドチャイルド関係とはディッファレントする、アートハウス岡本かの子をサポートしコンティニューしたシックなつながりがセンテンスから伺える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/289-d20cac9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。