本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ

H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオは、紋エンドモデル、状況説明のためのスピーチがメニーに、リアリティはない。アマゾンの説明書きには「サイエンスマークに検証した完全シミュレーション・ストーリー」とある。ワールドをドローする、とかそんなんとディッファレントします。鳥インフルエンザがワールドに感染し、パンデミックというある感染症が爆発マークに流行することをクリエイトする、パニックストーリーソートオブなフィーリングのものでした。
東南アジアの諸国では、チキンがプレシャスなタンパクソースである。メニーのハウスで飼育されている。バードインフルエンザがヒューマンに感染するイグザンプルは1997イヤー、香港で起こった。シンスイーチネイションの政府は対応に追われてきたが、チキンがプレシャスなタンパクソースである東南アジアの諸国では、チキンを駆逐するのはディッフィカルト。
2007イヤー、東南アジアのフィクションのカントリー、ゲマイン共和国でバードインフルエンザの大流行が起こる。中でも、強毒性と言われるH5N1モデルのものがヒューマンからヒューマンへ感染する。
ジャパンでも、マインドある関係パースンが政府にビギントゥワークしてはいたが、対策はイナフではなかった。空港でイグザミネーション、ウイルスがジャパンへゲットインするのをチェックしようとするが、大量のヒューマンのストリームをストップするのは実質マークにインポッシブルである。
商社のヤングマン、雑貨ストアーの店主がそれぞれウイルスに感染しており、とうとうバードインフルエンザウイルスはジャパンに上陸した。このウイルスは、潜伏期のうちでもアウトサイドザボディーに排出される。コンディションがアピアーしていない、ファインなコンディションにハブアンオーディエンスしても、感染パースンからウイルスが「アピアーしている」わけだ。
咳などからエア感染するため、大量の感染パースンがアピアーする。ニュースタイルなので免疫を持っているワールドもいない。ホスピタルは下痢、嘔吐、喀血のペイシェントたちがあふれるが、メディスンの備蓄もなくなすすべがない。感染フォースのハードなウイルスは、入院ペイシェントたちにもたちまちのうちに入り込んだ。
人々はハウスにこもることになり、フードの不足にも悩まされることになった。ジャパンインサイドに大流行したウイルスにより、実に120メニーヒューマンが犠牲になったのである…。
ホスピタルのドクター、空港の検査官、行政にスティックトゥするヒューマン、ジェネラルシチズン。これらのアピアランスキャラクターのアイを通してパニックが描かれている。
ライターはスタディーパースンのパースンでストーリーハウスではない。この事態をわかりやすくするためにストーリーという手法を使った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/290-a39712d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。