本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方は、ももせいづみさんの著者で、ウィッシュをペーパーに書いておくとかなうという。サクセス哲学のブックをリードすると、サッチことがよく書かれているのだが、中山庸子さんというパースンが、「ドリーム手帳」というセイムようなコンセプトの本をたくさんテイクアウトしているのだ。
目新しいアイディアではないけど、このももせバージョン願いごと手帳は、願いごとのビギニングパースンがとってもマテリアルマークなのだ。
ノートを用意して、ライトするのはマークであってはだめ。まるでTO DO手帳ソートオブに、がんばる項目をライトし連ねるのはちょっとちがうのだ。
マイセルフがやりたいこと、なりたいものを躊躇せずに書いてみるというのだ。なんとなくスピリット恥ずかしいけど、フーに見せるものでもないのだから、ここはどーんと欲張りになっていいのだ。
コツは「スピリットがついたらそうなっていた」という棚ぼたスタイルに書いてゆくことなのだ。
ラブリーなアンブレラをバイするというのではなく、レインの日がファンになる、きれいなカラーのラブリーなアンブレラにめぐり合ったと、ライトするときはマテリアルマークに、カラーやシェイプも書いておくといいというのだ。
グレートエフォートマークをライトするのではないので、グレートエフォートがネセサリーなことがらにはファンなことをアッドトゥしておくというのだ。
絶対イグザミネーションにサクセスするというよりも、イグザミネーションにサクセスして、ファミリーとパーティをオープンするというパースンがいいというのだ。
ヒューマンのアクシデントは願わない。したい、欲しい、ではなく、うまくいく、ハンドにゲットインする、見つかる、出会う、などのワードをユーズしたいというのだ。ファンに、すんなりと、いいコンディションに、おもしろいほどに、などの、手帳を開いてみてファンになるようなワードもたくさんユーズする。ひょんなことから、さくさくと、チャンスに、思ったストリートに、というワードもよいというのだ。
ひとつ願いごとを書いたら、次にライトするのは数行オープンしてからにしよう。アフターから見返して、かなったときのジョイをフィルインするためだ。
マイセルフが本当に願っていることをファインドアウトするというのもなかなかディッフィカルトに、ファンなものです。そのファーストステップとして、書いてみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/295-9d5d4d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。