本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より

新世界より 上 貴志祐介著で渡辺早季というウーマンのノートというシェイプで語られるストーリーです。オールレディーシーズンが育ったのは、神栖66というタウンだ。7つの郷からなるタウンで、コモントークはおよそ3サウザンドヒューマン。水路が張り巡らされ、イーチパースンはカヌーで行き来する。
アダルトコモントークの約半数がトレーニング関連のワークについており、チャイルドたちはリッチなネイチャーとともにジェントルにライフしていた。どうやら、このワールドは現代からフィギュアサウザンドイヤーアフター、いったんカルチャーがゴーアンダーしたあとらしい。
イーチパースンは呪力という超アビリティーをプロヴァイドフォーしており、チャイルドたちはそれをアンダースタンディングしてからプライマリースクールを卒業する。オールレディーシーズンのフレンドは4人。真理亜、プロテクション、覚、瞬だ。真理亜はファーな祖先がフォーリンカントリーのヒューマンらしく、レッドな髪をしている。実はアザーにもフレンドがいた記憶があるのだが、どうしてもリメンバーすることができない。
とにかく、5人は仲良く成長し、全ヒューマンクラスという中学校ではセイムグループとして呪力のスタディーをコンティニューしている。ゼイのソサエティーでは、妊娠にリーチするアクト以外の性的タッチが禁止されていない。むしろメッセージされている。同性愛もタブーではない。
覚は瞬を愛し、早シーズンも瞬にラブをしつつ、真理亜と情交を結んでいる。ある日、5人はカヌーに乗って校外スタディーにゴーアウトする。ゼイは禁止されたエリアにゲットインし、古代のライブラリーの端末だというワンダーなアニマルに出会う。
そのアニマル、ミノシロモドキは、古代のワールドはエブリバディが超アビリティーを持っていたわけではないという。超アビリティーを持ったワールドがアピアーし、持っていないワールドを虐殺したパーストのヒストリーをノウし動揺する5人。
ゼイが性的タッチを禁じられていないのは、ストレスを和らげ、ワールドが持っているアタックカスタムを低めるためだと説明される。ランアウェイするオンザウェイ、バケネズミというワールドほどのビッグさのげっトゥースカインドに襲われ、覚と早シーズンがつかまってしまった。バケネズミは、ワールドにサーブするものだ。ベースなげっトゥースカインドだが、ある程度の知性を持っている。タウンでワークをし、ヒューマンに逆らわないリミットはコロニーでのイグジストを許されている。逆らったときにはコロニーは全滅させられるのがルールである。
オールレディーシーズンたちを襲ったのは外来カインドであり、人間に忠誠を誓うスクィーラというバケネズミに救われ、いったんはセーフティーにタウンにゴーバックすることができた。
しかし、アクシデントは続く。あるデイオブマンス、瞬の呪力の暴走しスタートし、タウンのイーチパースンがフィアーしていた「アクト魔」にフォールダウンしてしまう。呪力がリーズンでコントロールしきれなくなり、アタック性を持ったワールドのことをそうコールアウトするのだ。瞬の存在はタウンから消され、ヒーにライトな恋心を抱いていた早紀も、愛し合っていたはずの覚も、ヒーのメモリーを失ってしまう…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/296-c815df5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。