本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女は3語であやつれない

女は3語であやつれないは、 伊東明のブックのタイトルは、「男は3語であやつれる」。だけどウーマンは3語ではとうていあやつれないのだそうだ。マイセルフはファンデーションマークに、マンもウーマンもセイムワールドなのだし、そうディッファレンスはないだろうと常日頃考えているが、このブックを読んでちょっと考え直してしまった。
書いてるカンバセーションのメニーを、実際にマイセルフもパーソナルエクスペリエンスしたし、読んでみて初めて、アンダースタンディングのゴーするアンサーが返ってこないリーズンがわかった。マンはスモールなタイムから論理マークであれ、フィーリングをトークするなとしつけられている。オポジットにウーマンは、あまりワンセルフクレイムをしないパースンがグッドとされていて、このディッファレンスはカンバセーションのメソッドにもアピアーする。ウーマン「そろそろ海のシーズンだね」
マン「うん、そりゃそうだね。7月だもん。それがホワット?」
マンは、ウーマンのワードを「海開きのシーズンです」というようなニュースとしてアンダースタンディングした。だが、ウーマンがこうトークするときは、ワードのロングサイドに海にゴーしたいねというインヴィテーションが入っているものだ。
ウーマンの話はまず共感でキャッチしてやるとグッド。ウーマンフェローのカンバセーションでもよくあるように、ひとまず「そうだね、そうだよね」でキャッチするのがセーフティーなのだ。このケースも「そうだね、どこへ行こうか」というのがコレクトなのだ。
ウーマン「マイセルフのこと、ちっともわかってないよね」
マン「そりゃそうだよ、アナザーパースンだもん」
キャラクターでリードするとめちゃくちゃいやなワードですね。わがままにもほどがある。アナザーパースンマナーにわかってないよね。だけどウーマンは、サッチワードでコンパニオンのアンダースタンディングをリクエストするのです。翻訳するとサッチミーニングなのだ。「本当はマイセルフのこういうフィーリングわかってほしかったの。寂しかった」マンはねちねち責められると身構えず「どうしてそうシンクするの?」「そう思ったきっかけってホワット?」と、漠然としたクェスチョンをレベルしていってあげるとよいというのだ。
間違っても「わかってるよ、ユートンカツがラブだよな!」などと言ってはいけないというのだ。
リードすればリードするほど、ソサエティーのマン諸氏には苦労をかけているとシンクする。文中にも「ウーマンとのスムーズなコミュニケーションをとるか、討ち死にするか」などというワードがあり、マンが決死の覚悟で会話に臨んでくれているステートが伺える。
ウーマンとの円滑な会話をリクエストするマンに。それ以上に、マンからリクエストするアンサーが返ってこなくてやきもきしているウーマンに読んでもらいたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/298-aa61287a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。