本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザエさんの東京物語

サザエさんの東京物語 長谷川洋子著は、コミック、サザエさんの作者長谷川町子さんの妹さんなのだ。サザエさんができるまでのこと、長谷川ハウスのステートなど、生き生き語られており、とてもファン。
コモンピープルのライフを描いたサザエさん。ブライトにておっちょこちょいで、エブリバディに愛されるキャラクターです。しかし、作者の町子さんは、「『いじわるばあさん』のパースンがコンフォタブルに描けるのよ。マイセルフのアースのままでいいんだもの」と言っていたそうだ。
実際、長谷川町子さんは内弁慶だった。結婚しなかったことをアクシデントだといわれたことがあるが、ライターはディッファレントするという。
ファミリーのインサイドでわがまま放題で、フリーダムに生きられたことが町子さんにとってはハピネスだったのではないか、長谷川ハウスはマザーと、まり子さん、町子さん、ライターというウーマンプレイスバンド。ファザーがアーリーににダイし、生まれ故郷の福岡から親戚を頼って東京にアピアーしてきます。
マザーは、3ヒューマンのドーターを嫁がせることがよいことだとはシンクアバウトしていなかった。大黒柱を亡くして、ウェイにゲットダークしたエクスペリエンスから、ドーターたちには自立のロードを歩ませようとしたソートオブです。
町子さんのアビリティーをライトアップしたマザーは、のらくろの作者、ライスフィールドリバーウォーターヘッドオンビアーファミリーネームに強引にヤングパースンオーディエンスさせる。紹介パースンもないまま、ドーター一ヒューマンで行かせるのだから、町子さんのマザーも相当プレザントというか、アクションフォースのあるヒューマンだとシンクする。
ウォーがビギンし、いったんは福岡に疎開する一家。そこで、町子さんは新聞オンペーパーでサザエさんの連載をスタートする。長谷川マザーのデューティーが発揮されるのは、ウォーが終わってからのことだ。
戦後、ペーパーが不足しているソサエティーで、町子さんが描いたサザエさんを出版しようとディサイドした長谷川マザー。
母は、福岡から東京にアピアーするまでのトレインのインサイドで、ペーパー問屋さんや印刷ハウスさんと知り合いになり、出版のノウハウを学んだ。戦後の混乱するトレインのインサイドである。そのバイタリティにソーリィする。
ビギニングにテイクアウトしたサザエさんは売れず、返品のマウント。なんでも、メインビルディングの棚に収まらないサイズにしてしまったそうで、不評をこうむったのだそうだ。
しかし、めげずに第二ロールを発行。これのポピュラーがアピアーして在庫ははけ、さらに朝日新聞での連載も決まった。かくして、ナショナルマークポピュラーコミック、サザエさんはバースした。
町子さんがトラベルに行ってパースをフォゲットするトーク。ガキジェネラルで、エブリバディを困らせたトーク。おかしくて笑ってしまう。センテンスも上品でユーモアがあり、落ち着いて安心して読める。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/305-8d4fd57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。