本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった

水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった  柴田明夫著を、アマゾンのレビューを読んで、腑にフォールダウンすることがメニーだった。インタレスティングにないわけじゃないんだけど、退屈で散漫なインプレッションがある。
ウォーターに関するデータや資料をコレクトしたブック。しかし、ウォーターのプロブレムから発展して、環境、食糧プロブレムにライティングブラッシュが及んでおり、ウォーターについてがっちりシンクアバウトしたいヒューマンと思っていたヒューマンには肩透かしかも。なんかね、いろんなミーティングをしているホールがあって、そこをプルしまわされてるソートオブなフィーリングがするのよ。オーバーゼアものぞいて、こっちものぞいて、みたいなフィーリング。
まあいいや。それでも、ウォータープロブレムの初心者であるマイセルフにとってはびっくりすることもたくさんあった。書かれているインフォメーションを、トゥデイはご紹介。
ジャパンはウォーター資源にはリッチインしていないカントリーである。しかし、マイセルフたちがレギュラーで水不足を感じないのは、フォーリンカントリーから穀物を輸入しているからである。
フォーリンカントリーで作られたコーンは、そのカントリーのウォーター資源を大量に消費して作られたものだ。ジャパンは、いわばバーチャルウォーターをフォーリンカントリーから買っているということなのだ。
アースオーバーのウォーターのうち、ワールドが利用しやすいフレッシュウォーターはたったの0.3パーセントである。コモントーク発展に伴って、ユーズされる量も増え、ウォーター資源の枯渇が予想されている。
アースのネイチャー環境を考えると、アースが養えるコモントークは5ハンドレッドミリオンヒューマンディグリー。地球ホット化もメイクプログレスし、アジアでは干ばつに見舞われるエリアもメニー。フラッドコントロール、特に農業用水のコントロールは重要だ。ヨーロッパでは、ウォーターサービスがプライベートビジネスになり、ウォーターを商品としてプレイスするという考え方が広まっている。
ジャパンでは、水の再ユーズをビジネス化するカンパニーもメニー。そしてそれを投資オブジェクトにしたファンドもノーティスされている。
オイルプライスの高騰についても述べられており、石油がマーケット商品から、ステートの戦略商品になりつつあるという指摘がされている。
ラスト、今後ジャパンがどのようにウォーターにオポジットするかがまとめられている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/308-b016fb95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。