本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国ニセ食品のカラクリ

中国ニセ食品のカラクリ 富坂聰著は、北京オリンピックまであと1ヶ月となりましたが、サッチ状況で本屋さんにラインアップする中国関連のブックはサッチものばかり。中国で出回るニセ食品と、なぜそれがボーンするのかを考察したブックです。ライターは中国に留学したこともある中国通。中国では「ニセ卵」というものが時々流通してワールドを騒がせる。
ニセ卵のウェイオブメイキングはシンプルだ。殻は石膏のミールと食用パラフィンを、中身は海藻酸ナトリウムとゼラチン、みょうばん、でんぷんなどを混ぜてメイクする。本物そっくりのエッグになるそうだ。これを、本物のエッグのインサイドに紛れ込ませて流通させる。エッグ一個のプライスが3円で、ニセエッグのコストは0.75円。一デイオブマンス辺り1500個のリブバースがポッシブルだそうで、そうすると、一日のインタレストが3400円くらいになる。たかだか3000円とシンクアバウトしてしまいがちだが、ファームヴィレッジでは年のキャッシュ収入が1万円というホームもメニー。3000円はグレートコストだ…。
中国のニセ食品をシンクアバウトするとき、日本人のセンスで、「まさか」というポッシブルカスタムをカットダウンしてしまうのはデンジャーだとライターは言う。その、まさか、と思えることを中国のヒューマンたちはやってしまうからだ。中国でポピュラーのハイな商品には、必ずと言っていいほどニセモノやミックスしシングがアピアーするそうだ。
例えばミルクパウダー。ミックスしシングのメニーなミルクパウダーを飲んだ乳幼児が、栄養が足りずに栄養失調になることがある。ニセミルク。ウォーターサービスウォーターにミルクパウダー、食用のホワイトな色素をメルトしたものが混ぜられていた。
ミルクにウォーターをミックスすると酸化するので、それをディフェンドするために洗剤や、ひどいトークだが牛の尿をミックスするカスタムもあったという。
なぜサッチものをメイクするのか。それは、イグジストコンテストがあまりにも過酷だからだとライターは分析している。環境プロブレムにもいえることだが、フィーチャーのことよりもトゥデイのインタレストがインポータントなのだ。それほどまでに、イーチパースンは追い詰められている。そしてライターはこうも述べる。これは、オポジットショアのファイヤーではない、と。
ジャパンでもリピートする食品偽装。これは中国のセンスがジャパンにも入り込んだリザルトだという。ロングな不況のインサイドで、私たちは中国メイクのチープな商品に生活を助けられてきた。しかし、それが中国の貧困を助長し、さらにはジャパンにおけるモラルハザードまでクリエイトしている。あんまりチープなものばかり買っていてはだめです。
それにしても、ここで紹介したのはホンのワンパート。すさまじいニセ食品のメニーをノウすれば、この蒸し暑さなどフォゲットしてしまえそうですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/309-bc1247c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。