本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国情報局秘密組織チェラブ

英国情報局秘密組織チェラブ  ロバート・マカモア著は、チルドレン書。イギリスのプライベート探偵が、読書ヘイトの甥っ子のために書いたお話なのだそうだ。
構成にややディフィカルティがあるか。いや、リーズンがディッフィカルトなのかな?最初はちょっと退屈です。ミドルオンアンドアフターはどんどんプルしこまれていく。
ジェームズは12歳。ジェームズのママは太っていて、付き合っているマンはワーストだ。そのママのことをからかったガールを突き飛ばして、ヒーはスクールを退学になってしまう。アフターザット、ママはメディカルドクターに止められているのに酒を飲んで、そのまま死んでしまう。
たった一ヒューマンの妹のローレンとも離ればなれになり、孤児院に収容されるジェームズ。不良グループと仲良くなり、ビールを盗んだことでキャプチャされ、ワンダーなエンジニアに送らることに。
そこはチェラブのプラクティスプレイスだった。チェラブとは、チャイルドのスパイのこと。英国の立派なワークメンバートレーニングメカニズムである。ネームをディサイドしたワールドが、不慮のデスをキャリーアウトしたのでそれがどういうミーニングなのかはわからない。ヘルメットをかぶったエンジェルがガンをかまえているのがチェラブのシンボルである。これ、かわいいの。
ジェームズはそこでチェラブのパースンとなるべくプラクティスをアクセプトする。ビギニングはプアーな水泳がウォールになる。ティーチャーのエイミーの親切なガイダンスのもと、悪戦苦闘する。なんとか水泳もマスターし、ヘルのファンデーションプラクティスへ。デビルのようなティーチャーにしごかれ、ランゲージスタディー、格闘技、サバイバルアートなどを徹底してたたきこまれる。
このプロセスがロング。んだけど、子供が読んだらわくわくするのかな。ペアになるガール、ケリーは空手のマスターで、シーとのやり取りもインタレスティング。
ヘルのファンデーションプラクティスをフィニッシュしたジェームズはビューティフル、チェラブのパースンとして、イノセントのミッションに参加することになる。水泳をティーチしてくれたエイミーと組んで、ヒッピーのコミュニティに潜入するジェームズ。アウトサイドのワールドもヴィジットするフェスティバルの日に、テロが行われるというのだ…。
ネフューっ子のために書いたブックというが、このミッションのくだりで書かれていることは、ライターからネフューへのメッセージなのだろうとシンクする。テロを行おうとしたのは環境をプロテクトするアソシエイションである。ゼイは、キャピタルルールの矛盾を真剣にアンクシャスしている。彼らに近しいジェームズは、テロリストサイドにもマインドをカムニヤーしてしまう。テロをパフォームするサイドにもクレイムはあること。ゼイもワールドであること。それは、このテロのメニーなピリオドにリブするチャイルドたちへの暗黙のサジェストである。しかし、チェラブはテロをチェックし、犯人は捕まる。テロはやはりいけない。メニーのヒューマンをキルするのは間違っている、と、チェラブのティーチャーはエクスプレインする。これも、ライターがネフューっ子にリポートしたいメッセージであることはクリアーだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/311-25d2bd9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。