本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福の迷宮

幸福の迷宮  アレックス・ロビラ著は、前作の「Good Luck」で大ヒットをフライした、アレックス・ロビラのニューワークなのだ。
寓話ウィンドのストーリーでワンセルフ啓発をエクスプレインするパターンはラストタイムとセイム。33エイジのウーマン、アリアドナは、ある日サーブしていたファクトリーを解雇される。失望したシーは、フットを踏み入れてはならないと言われている「嘆きのフォーレスト」に迷い込んでしまう。
フォーレストのインサイドのフロートで、「ライフのビッグ宝くじ」なるものをバイするアリアドネ。売っていたオールドパースンは、全部ヒットだからと言うのだ。
眠り込んでしまったアリアドナ。目がウェイクすると、ツタが絡まるウォールに取り囲まれていた。そこで、アリアドナは、ハンドにインセクト取りネットを持っているマンにミートする。ヒーは、ここが「ハピネスのミステリー」だと言う。ライフに迷ったものがやってくる、ヒューマンのマインドのインサイドのミステリーなのだと言うのだ。
アリアドナのイグジットをルックフォーするトラベルがビギンする。イタリアにある、トゥルースのマウスにシミラーしたイメージに「ユーはフーだ」と問われるアリアドナは「マイセルフはマイセルフがなりたいマイセルフになる!」とアンサーする。イタリアウィンドのメインストリートには「ラブのバンク」で、イーチパースンのラブを預かっているおばあさんに出会う。ここに預けた愛はいつかマイセルフに戻ってくる。
預けパースンはシンプルだ。おばあさんをラブをインクルードして抱きしめればいい。ラブをギブすること、レシーブすることは実はシンプルなことなのだ。洞窟のインサイドではピグミーと出会う。小さなハイトのヒューマンだ。ヒーは洞窟に寝転んで、洞窟のティアーからホールをビューしながら、「ユーのウィンドウがスモールにたって、ホールはいつだってワイドなんだ」と言う。ビギニングに出会ったマンは、アリアドネのガイドのようなパートをキャリーアウトしている。
再び出会ったとき「ハピネスはディスカバーするものじゃない、ひょっこり出会うものなんだ。ハピネスはゴールではないから」とティーチしてくれる。イグジットを見つけたければ、バタフライをランアフターすればいい、とヒーは言った。
果たして、トラベルをコンティニューしたアリアドネの前にシャインするバタフライがアピアーした。アリアドネはバタフライを追って「ラストのクェスチョンの家」にたどり着く。「ここでホワットをしている?」と問われたアリアドネは、もうアンサーに迷うことはなかった。「リブしてる!」
ラブのバンク、ミステリーカフェ、ドリームなしの宿など、ファンタジックなしかけがなかなかファン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/313-44017acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。