本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイガーフォース

タイガーフォース  マイケル・サラ/ミッチ・ウェイス著は、2004年のピュリツァー賞を受賞したワークなのだ。ベトナムウォーインサイド、アメリカウォーのインサイドにタイガーフォースというフォースがあった。少ナンバーオブピープルでジャングルにゴーイントゥし、索敵、ゲリラの殲滅を任務とする。
ベトナムのソンヴェバレーに、タイガーフォースはゲットオフし立った。ゲリラをあぶりだすため、米ウォーはソンヴェの住民たちを強制移住させようとした。しかし、ロットにラブをホールドする農民たちはなかなか離れようとしない。
いつしか、タイガーフォースのパートは残っている村人を「説得」することになっていた。熱帯の蒸し風呂ような気候、いつ襲ってくるとも知れぬゲリラ、蛭、サソリ。ソルジャーたちの消耗は続く。農民たちは、移住フォーマーへのラインから逃れてヴィレッジに戻ってくる。ソルジャーたちは、「ベトナムヒューマンはマイセルフたちとはちがう」とシンクアバウトしていた。ワールドではない。サルとコールアウトするソルジャーもいる。言うことを聞かず、農作業をコンティニューする村民にバックから発砲する。
戻ってこられないようにハウスをベイクする。ハウスのインサイドにヒューマンがいてもかまわずファイヤーをつける。オールドパースンをストライクし、ヘッドにライフルを突きつけて撃ち殺す。
ソンヴェバレーから戻ったタイガーフォースは、わずかなバケーションを与えられただけで、再びチュライでファイトすることを命じられた。
そこにはゲリラがライインウェイトしていた。ツリーのオーバーからタイガーたちを狙い、狙撃してくる。カンパニーがブレイクダウンする。プライベートヒューマンをキルするのがソルジャーのパートではない。そうエクスプレインするソルジャーもインサイドにはいた。残虐アクトに抵抗をショーするワールドもいた。しかし、疲弊がタイガーたちを消耗させていく。
ヴィレッジをアタックし、村民をキルし、地下壕に逃げ込んだワールドを手榴弾でベイクしキルし、死んだワールドのイアーをネックレスにして「メモリーシング」にするソルジャーもアピアーしてきた。乳児のネックをナイフでカットダウンしたソルジャーもいた。
戦後、CID(米ウォー犯罪インベスティゲイションコマンドクラブ)のグスタフは、乳児マーダーの告発書をハンドにテイクする。タイガーフォースにビロングトゥしていたソルジャーたちに面会し、ウォー犯罪を暴こうとする。インベスティゲイションのインサイドでソルジャーに面会したグスタフは、ゼイがエブリバディ一様にパーストの犯罪におびえ、マインドを病んでいることをノウする。「ゼイのマインドは、スナップ写真を撮っていたのだ。ファミリーと団欒しているとき、血まみれのスナップ写真がアイのビフォーにアピアーする」
ソルジャーたちホワットヒューマンかのバース、育ちも記されており、ゼイがホワットライフを歩んでベトナムに赴いたかがケアフルに書かれている。アフターザットのアクシデントなライフにもライティングブラッシュが及んでいる。
アマゾンのレビューによると、翻訳があまりうまくないらしい。ウォーのクラスがあいまいだそうだ。また、ヒューマンのネームがごちゃごちゃしてわかりにくいというのはマイセルフもフィールした。しかし、フィギュア十イヤーもビフォーのことを、ケアフルに資料をルックフォーしてライトしきったというスポットにおいては力作といわざるを得ないのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/315-1c0026a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。