本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切羽へ

切羽へ  井上荒野著は、第139回直木賞受賞ワークなので、アダルトのストーリーになっているのだ。
女性ティーチャーセイをメインキャラクターに、アイランドにめぐるワンイヤーを書いたストーリーなのだ。ペインターのハズバンドとクワイアットなライフをキャリーオンするセイ。スクールにヤングな新任のマン教師がやってくる。新任のティーチャーのネームは石和といった。
セイは近所にリブインするオールドパースンハウスをよくヴィジットしている。しずかさんというそのウーマンは、フォーマーコウルマインのアクシデントでハズバンドをルーズサムしている。セイと仲のよいウーマンティーチャー、マンスベイには恋人がいる。アイランドの者はヒーを「カントリープロパーさん」と呼んでいる。カントリープロパーからたまにマンスベイを訪れるからだ。ヒーにはワイフがいるらしい。
しずかさんのハウスが雨漏りしていることに気がついたセイ。ハズバンドに修理をリクエストするはずが、石和が修理を買ってアピアーした。ぶっきらぼうな石和にしては珍しい、とセイはシンクする。
シー開きの日、シーでチャイルドとプレイする石和を違和感を持ってビューするセイ。ヒーは一体ホワット人間なのだろう。ハズバンドの個展のビジネスミーティングのため、ともに東京にゴーするセイ。アイランドにターンバックし、石和がいなくなっていないことに安堵する。
しずかさんが入院した。セイのマザーはディッフィカルトで亡くなっており、そのことをリメンバーする。ヒューマンはエブリバディ、ゴーアウトするように死んでゆく。マンスベイの恋人、カントリープロパーさんはマンスベイのもとにステイロングするようになった。カントリープロパーさんのワイフからいやがらせのようにプレゼントがリーチする。
カントリープロパーさんのワイフがアイランドをヴィジットする。カントリープロパーさんはマンスベイをスローアウェイする。サッチカントリープロパーさんを、石和がビートした。マンスベイは石和と寝たという。石和もマンスベイをセックスフレンドだと言う。
しずかさんが死んだ。しずかさんの葬儀をきっかけにするように、カントリープロパーさんがアイランドに戻ってきた。石和がアイランドをアピアーしてゴーするという。
アイランドをリーブする石和を、廃墟のホスピタルにインバイトするセイ。そこでセイは、石和にウィンドウから見えるトンネルをフィンガーレイズアンブレラする。トンネルを掘っていくベストフォーマーをコウルフェイスという。石和はセイにブランチをインフォームする。セイのお腹に新しいライフが宿った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/319-19dbc0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。