本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グ印関西めぐり(濃口)

グ印関西めぐり(濃口)グレゴリ青山著は、トラベルのブックをたくさんテイクアウトしているのだが、ディスタイムは関西サイドなのだ。マガジン、関西ウォーカーの連載をまとめたものだ。
ピクチャーとキャラクターがぎっしりなので、活字マニアとしてはうれしいが、ごちゃごちゃしているとフィールする。
関西出身でも知らないことのパースンがメニーだった梅田。新幹線のリメインする大阪ステーションは、いわばよそゆきのクレバーさんステーションであって、関西ヒューマンにとっての大阪のエントランスはやはり梅田なのである。
グレゴリさんは梅田を魔境という。シュアにややこしい。JRと私鉄二ブックがライドイントゥしており、梅田がいくつかあるのもややこしい。それで、梅田ステーションアラウンドにはワンダーなストアーがたくさんある。やたらチープな食堂、がいこつをディスプレイした鍼灸院、地下道に張り付くようにストアーがラインアップするアリバイ横丁。アリバイ横丁というのはアザーのタウンにもあるんだろうか。
スモールなキオスクのようなストアーが並んでいるストリートで、各都道府県の名産シングを扱っている。一ショップで一県、いろんな県のプレゼントが買えるというわけだ。エリアにオフィシャルツアーやトラベルに行った「アリバイ」が買えるのだというミーニングでつけられたネームだけど、ソサエティーにはそんなにアリバイがネセサリーなヒューマンがいるのだろうか。
うれしかったのは、明石が取材されていること。明石といえば蛸。タコフェリー、蛸フード、蛸もなか、蛸神社、カレーかけたこ焼き。明石海峡大橋をビューしながら、蛸ランアウトしの旅を満喫されているようだ。
大阪マーケット大正区で沖縄カルチャーに出会い、京都太秦ムービーヴィレッジをたずねては、マイセルフのライフにおける東映ムービーのウェイトのヘヴィさを思い知る。
神戸のシップファンのストアーでフォーリンカントリーフィーリングに浸り、京都府立プラントガーデンでは現実エスケープのモニュメントに癒される。
これを読んでいると、プレゼントタイム住んでいるところをもっともっと探検したくなってくる。刺激マークなものって、案外ニヤーワンセルフにあるのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/321-af7da186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。