本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編

投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編竹川美奈子著は、投資信託にだまされるなというブックをテイクアウトしたとき、リーダーから寄せられたクェスチョンをコレクトして回答したブックなのだ。
このブックは、ファンデーションマークに「低リスクでセーフティーに運用しよう」という姿勢で書かれています。プロフィット話とか、そういうおかしなスタンスではないので安心して読める。しかもわかりやすい。
Q・すでによくない投信を買ってしまいました。どうしましょう?
A・すぐに解約をイグザミネーションしましょう。
よくない投信とは、手数料がハイ、エブリマンス分配モデル、しくみが複雑、といったもの。インタレストがアピアーしていると躊躇しますが、思い切って解約をイグザミネーションしましょう。
Q・では、ホワットをバイすればいいのですか?
A・事前にインタレストを予測することはできません。マーケットプライスをランダウンするのをやめて、ワールド全体をカバーするような低コストのものをチューズしましょう。
Q・大手証券やフロントキャッスルゲートバンク以外で買ってもセーフ?
A・むしろ大手よりもチープに買えますし、投資したマネーはケアされます。
キャピタルブロークンピースのポッシブルカスタムはあるが、投資したマネーはバンクの財産とはなっていない。あとで引き継いでくれるカンパニーがあります。
Q・いつ買ったらいいのですか?
A・バイしアワーはフーにもわかりません。定期積み立てが有効です。そして、ユーズするタイムが来るまでメイキングユーズオブしましょう。
Q・エブリマンス分配モデルに魅力をフィールするのですが…。
A・ハイな手数料とタックスをペイすることになります。
ライターは、毎月分配モデルについてはエマージェンシーに厳しいオピニオンを持っている。分配マネーは「もらえるもの」ではない。マイセルフで支払ったマネーなのです。再投資モデルにしてもセイム。分配マネーにはタックスがかかるのですから、その分損をしているとシンクアバウトするべきです。
新興カントリーにインタレストがある、個人年金は? 商品先物はどうだ? など、投資をスタートするワールドがハーバーしがちなクェスチョンが網羅されていて、ケアフルにリプライされています。
ホワット証券カンパニーをチューズすればいいかなども、リアルネームをレイズして書かれているので、マイセルフのプランに沿ったものをチューズすることができそうです。投資をシンキングのパースン、このブックを読んでからでもレイトにはないですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/322-c13cf716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。