本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも仕事に追われている上司のための 部下を動かす教え方

いつも仕事に追われている上司のための部下を動かす教え方、松尾昭仁著は、ティーチしパースンのノウハウがケアフルに書かれていてわかりやすいブックなのだ。
それノットレスザンにティーチするということのミーニングとインポータントさを説明してくれていることなのだ。ヒューマンにティーチするということは、なかなかトラブルなことでもあります。いちいち説明するよりマイセルフでやったパースンがアーリーなようなスピリットがするし、自分のワークだって精一杯なのに、アナザーパースンにかまうルームなんてない。ボスとしては失格なのだと言っています。
ヒューマンにティーチするのは、そのヒューマンのためだけではない。マイセルフのためになるのです。アナザーパースンのフォースをアッパーパートにユーズし、ビジネスにレバレッジというてこ原理でティーチするということは、マイセルフの協力パースンをアッドトゥすることでもあるのです。
実際にティーチするためのノウハウですが、ティーチするというアクトはギブすること。そうなると見返りがほしくなるが、それをホープしてはいけない。コンパニオンにナレッジが身についたという時点で、いったんは満足すべき。
ティーチすることは、コンストラクションの成長には欠かせないことなのです。ティーチするときにスピリットをつけたいのはサッチこと。一ディグリーにティーチすることは3つまで。インポータントなポイントはリピートしリポートする。
ティーチするコンパニオンのレベルをシースルーする。専門タームはなるべくつかわない。よかったことをほめてからディッフィカルトだったことを叱る。ティーチしたアフターは、部下のアクションにはマウスを出さないというのもインポータントなことです。
グレートエフォートをライトアップし、グレートエフォートが報われることをティーチしてあげるのもボスのサービス。小さなサクセスパーソナルエクスペリエンスを積ませてあげるのもよいでしょう。
バックトークをされることもあるかもしれませんが、そのときには毅然として、オーネストにスタディーすることのインポータントさをリポートしたいものです。ちょっと大げさなシンキングなんだけど、マイセルフはこのブックにはプレゼントタイムのジャパンに大切なことがたくさん書かれている。
ヒューマンにティーチすること、ヒューマンをスピリットにかけること、アートをリポートすること。ビギニングからできがいいヒューマンは少ないのだ。ティーチして、レイズすることがフィーチャーにつながるのだ。
部下をホールドしのパースンはもちろん、ティーチャーや、チャイルドをお持ちのパースンにも、ビジネス書だけどこれはおすすめしておきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/326-574c4e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。