本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンの足はなぜ凍らないの?―脳細胞がワクワクする雑学の本

ペンギンの足はなぜ凍らないの?―脳細胞がワクワクする雑学の本・ミック・オヘア著は、科学マガジン「ニューサイエンティスト」に掲載されたコラムをまとめた本です。リーダーから寄せられたクェスチョンにアンサーするQ&Aフォーム。クェスチョンは、ユニークながらフーもが一ディグリーはクェスチョンにフィールすることがメニーので、すごいのはアンサーするヒューマンたちだ。さすがサイエンスマガジンのリーダーだけあって、専門タームを連発して説明するヒューマンもいる。それでいてユーモアがあり、何よりベリィハードなのが伺えるのがかわいらしい。リプライは、マガジンスペース、またはオンライン通信オーバーで行われる。そのため、セベラルのリプライパースンが独自の理論を戦わせているものがあり、それがまたおもしろい。例えば、パブでビールをドリンクすると右ではなく左によろめいてしまうというクェスチョンがある。
リプライは、スポーツサイエンスの専門ハウスから寄せられたまじめなものから、右のポケットに入れていたスモールチェンジをユーズアップしたから、重力の関係により左にゴーダウンするというものまで。ワールドのフィンガーがワールドのノーズのホールにぴったり収まるのはチャンスのマッチなのでしょうか?なぜママはサッチことしちゃいけないっていうの?
サッチかわいらしいクェスチョンもある。あるリプライパースンが、ワンサイドのノーズのホールを押さえて鼻水をフライする「鼻水ロケット」を提唱すると、実際にやったことのあるリプライパースンから鼻血の危険カスタムを示唆されたりもする。
もちろん、「ローフードの器官はジェネラルに、関連する機能の器官とサイズやシェイプが対応している」というまじめなリプライもある。
フィギュアあるクェスチョンリプライのインサイドでベストウケたという、バードは眠るのか、また、眠っているときなぜ落ちないのか、というクェスチョンがある。あるリプライパースンは、バードの腱についてフルに説明しており、なるほどとアンダースタンディングさせられた。
アザーにも、透明なアイスをメイクするメソッド、トビウオがジャンプするリーズン、ミラーのインサイドでは左右はオポジットになるのにどうして上下はオポジットにならないか、なぜクリアーアウェイしたデイオブマンスのホールはブルーなのか、などなど、スピリットになるクェスチョンがたくさんある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/328-7b607c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。