本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフ の育て方

3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフ
の育て方 近藤昭一著の近藤さんは、京王ホテルのフロント、セールス、人事などをチャージし、総マネージャーも勤められた。そのパースンがエクスプレインする人材トレーニングアクトです。
いいカンパニーには恵まれず、サッチトレーニングシステムのローグレードでワークをしたことはない。オポジットに言うと、トップグレードのカンパニーには一流の社員をレイズするエフォートやストロングスピリットがあるようだ。さらにオポジットに言ってみるけど、そうシンクアバウトすると、人材に恵まれないとぼやいているカンパニーさんなんかは、こういう考え方をハーベストすることで、今いる社員さんを輝かせることができるかも…。ホワットウィンドにして「モーストのスタッフ」をレイズしているか、ご紹介してみます。
モーストのスタッフとは、仕事をエイブルトゥエンジョイするヒューマンであること。いわれたことをやる、という姿勢ではなく、マイセルフでシンクアバウトしてワークにメイクエフォートするヒューマンである。そのためにはモデルになるワールドがプレイスオブワークにいればいい。ヤングな人は、ニヤーワンセルフなヒューマンのワークショーを真似ることがメニーからだ。企業がセルするもののバリューをアンダースタンディングさせることもインポータント。ホテルでワークをされていたのだけど、ヤングな社員に、どうしてホテルのランチはハイなのかをきちんと説明していたそうだ。それによって「バリュー・フォー・マネー」、つまりいただくマネーのバリューを社員にアンダースタンディングさせる。ものごとがわかる社員は、そのバリューにあったサービスを提供することにオーネストにフォースを入れられる。ヤングな社員とのコミュニケーションをとてもインポータントにされていたようだ。
一日三回ホテル全体をウォークし、社員の表情をウォッチする。また、服装の乱れなどをチェックする。服装に乱れのある社員は、たいていワークオーバーでのトラブルをハブしていることがメニー。ゲストに不快なソウトをさせないためにも、そういったスタッフのシグナルには敏感でいたいという。エブリバディがやる気のある社員ばかりとは限らない。「2・6・2」のルールというものがある。
高いリブバースカスタムをあげる社員は全体の2カット。バランスマークなワークをする社員が6カット。あとの2カットは企業にとってはありがたくない、リブバースカスタムのショートな社員である。社員をほっておくと、6カットの社員に悪影響をギブすることになる。トレーニングをさせる、バイワンセルフを持たせるなどの対応を試みたい。
ブックのインサイドには、ユーズアワーのアテンションマターなども書かれている。これを読んでトップグレードのカンパニーとはいえ、スペシャルに優れたワールドばかりが入ってくるのではないのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/342-0bec373b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。