本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・コミュニティ―国家と個人が交差する場所

アメリカン・コミュニティ―国家と個人が交差する場所、渡辺靖著は、アメリカは多様カスタムのカントリーだというのです。さまざまなカウンター・ディスコースがあると言うのです。
ライターは慶應義塾ユニヴァーシティーのプロフェッサーで、カルチャーマンカインドナレッジ、アメリカスタディーを専門にしているライターが、アメリカにあるコミュニティをヴィジットし、レポートしたもの。
なるべくイージーなフィギュアを心がけた、と書いているが、やや難解なパートもある。アメリカに存在する特徴マークな、ライターのワードをボロゥすれば「ストーリーカスタムのある」コミュニティのレポートは、知的でベリィインタレスティング。コミュニティをいくつか紹介します。
・ブルダホフ ニューヨークステートでは、宗教をベースにしたアソシエイションライフをキャリーオンするコミュニティ。アーミッシュにシミラーしているパートがある。アーミッシュがプレゼントデイ化を拒否しているのに対し、ブルダホフはそれをうまく取り入れている。敷地インサイドにおもちゃファクトリーをホールドし、ジャパン式経営をハーベストしてインタレストをあげている。中絶、同性愛、死刑にはオポジット。メンテナンススクールであるが、アザーの宗教には寛容な一フェイスもある。
コト・デ・カザ カリフォルニアステートでは、コト・デ・カザはゲーテッド・コミュニティである。そこにゲットインするには、コモンは住人のインヴィテーションシェイプがネセサリーである。タウンのエントランスのゲートにはディフェンスメンバーが24時間常駐している。住人のバランス年収は14メニードル(1500メニーマネー)。バランスエイジは35歳。ヤング。セキュリティディマンドのラックからボーンしたフォームであるが、それが確実に担保されているとは言い難い。最近では、ゲートのインサイドにさらにゲートをホールドするコミュニティもあると言う。
・メガチャーチ アリゾナステートでは、アリゾナステートにあるラディアントチャーチの敷地は11メニー平方メートル。東京ドーム約2.5個ミニットだ。チャーチイットセルフはコンベンションセンターのようなビルディングで、宗教カラーがあまりハードにない。ロックコンサートのような牧師の説教が信者をひきつける。グレートナンバーのスタッフをハブし、ウィークの予算は8メニードル(900メニーマネー)。そのほとんどを寄付でまかなう。「イエスはキャピタルルールパースンだったか?」というコメントのボイスもあるが、「イエスのレッスンをまず知ってもらわねば」と牧師は反論する。
アザーにも、太平洋にフロートするアメリカ領サモア、プリズンのタウン、ウォルト・ディズニーが作ったタウンなどもレポートされている。たくさんのバリュールックがあり、ゾーズオーバーゼアがそれぞれストロングなワンセルフクレイムをしているように思える。そのハードさがアメリカの原動力なのだな、とアンダースタンディングができる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/343-c289c085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。