本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリズム崩壊

ジャーナリズム崩壊 上杉隆著は、日本のジャーナリズムのプレゼントコンディションをアンクシャスする本です。抽象ディスカッションではなく、ライターが実際にパーソナルエクスペリエンスしたイグザンプルをたくさんレイズしてくれているので、リードしやすい。また、まじめなサブジェクトのものなのだけど、そのストレインジさにサプライズドし、笑ってしまうパッセージもメニー。
ライター上杉ファミリーネームは、NHKサービスを経て、衆議院議員のパブリックセクレタリーとなったアフター、ニューヨークタイムス東京ブランチオフィスで働いたアフター、カレントはフリーランスのジャーナリストである。
ライターは、ジャパンの新聞リポーターは、ワールドのスタンダードから言うと、ジャーナリストとは言えない。ジャパンの新聞リポーターは、国際マークにはニューズカンパニー社員のワークをしていると考えられる。速報をランアフターすることがワークで、事象をディープに掘り下げないというのだ。
それはインフォメーションの中立カスタムをキープするためと言うのだが、実際にはディッファレントする。フォーリンの新聞は、自社の政治マークポジションをクリアーにし、コメントもパフォームする。ジャパンのリポーターは政府の発表をそのままスペースに載せるだけだ。そのワンサイドで、取材オブジェクトである政治ハウスとフレンドシップになりすぎ、政治にマウスをテイクアウトするリポーターがいる。これはジャーナリストとしては失格ではないだろうか。
リポーターが、取材オブジェクトと適切なディスタンスを取れていないステートが書かれている。そのメインコーズはリポータークラブだ。キシャクラブは、フォーリンカントリーでもポピュラーユーズするブックランゲージだ。その特異カスタム、閉鎖性は悪評ハイ。
ジャパンでは、リポータークラブにビロングトゥしていないと官公庁の取材が満足にできない。フリーランスは、その取材をリポータークラブに妨害されることすらあるのだ。
官公庁で取材をしたリポーターたちは「メモオポジット」なるものをパフォームする。取材の後、違う新聞カンパニーにサーブしている記者たちが集まって、取材メモの確認をパフォームする。みんながセイムことをライトするために、セイム情報を得られるようにすり合わせを行っているのだそうだ。これだとスクープは生まれない。
政治ハウスへのコメント、ブレイムをパフォームする政治リポーターはリポータークラブからは阻害されるため、このような慣習ができたようだ。
NHKの閉鎖カスタム、ワンセルフコメントができず、訂正ニューズストーリーひとつ満足に載せられない新聞カンパニーのプレゼントコンディション、匿名ニューズストーリーがギブバースするデューティーのあいまいさと、いろいろプロブレムがある。
新聞リポーターのパースン一ヒューマンのデューティーでは決してない。上杉ファミリーネームも、日本人リポーターの優秀さ、まじめさはライトアップしている。リポーターを潰してしまっているジャパンの「ジャーナリズム」のプレゼントコンディションを、上杉ファミリーネームは嘆いているのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/349-f22c887e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。