本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球一バイクHonda SuperCub―スーパーカブ50年の歩み

地球一バイクHonda SuperCub―スーパーカブ50年の歩みは、ジャパンホールカントリー津々浦々、どこに行ってもアイにするものは、メールポストとスーパーカブなのです。
ユージュアルライフしていて、何気なく見る風景のインサイドに、スーパーカブは走っているバイク、ジャパンだけではなく、ワールドイーチネイションで愛され、販売されている。シリーズ全体のリブバース台数は6000万台をカウントし、オートモビールのヒストリーオーバーナンバーワンなんだそうだ。
エンジンラックの乗り物として、ベストメニー造られたのがこのバイクなのです。スーパーカブの50ホールイヤーをメモリーして出されたマガジンでスーパーカブのインフォメーションがたくさん盛り込まれている。
最初に、初代スーパーカブの広告が載っているんだけど、スーパーカブは、50CC、4サイクルエンジン。キックだけで始動し、クラッチレバーがなく、ライトハンドだけでも運転できるシンプルコンストラクション。
50年ビフォーにこのフィギュアでアピアランスし、アフターディス、バリエーションをアッドトゥしながら、ファンデーションはまるで変わっていないのだ、50年ビフォーに、スーパーカブはコンプリートしていたのである。
耐久カスタムは折り紙ラックで、オイルがなくてもランするだとか、天ぷらオイルでもランするなどの「タウン伝説」もメニーに語られているバイク、アジアイーチネイションでは大人気のようで、イーチパースンのフットとしてアクティビティーしているインサイドに、アジアで使われているカブの写真が載っているが、これまたすごい。
ピッグを3ヘッド積んでランするカブ。プラスチックのボトルをマウントのように積んで、ボディーが見えなくなったカブ。バイシクルのホイールがハイにくくりつけられたカブ。軽トラ代わりにもなってしまうようなのである。
カブの広告、開発シークレットストーリー、エンジンのコンストラクション、カブラブパースンたちのメッセージなど、カブラブのバリエーションや、エイジを追って紹介される販売モデルは、見ていてもかわいらしく、おしゃれでファンなカブというネームは、英語の「獣のチャイルド」というミーニングがあるそうです。ファインにランアラウンドするイメージからつけられたというのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/353-1f1ece1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。