本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムの常識 続・一年戦争編

ガンダムの常識 続・一年戦争編は、放映が終了してもうホワットイヤーになる。ハンドをチェンジしシングをチェンジし、アダルトになったかつてのアテンションパースンのパースをしぼりとる根性のテリブルさたるや。見習いたいものです。
初代ガンダムのウンチクブック。クリエイションシークレットストーリーなどもウェルスで、初代ガンダムラブのマイセルフたち30プライスは、ここはひとつぱくっと食いついていきたいところ。
メインキャラクターアムロと並んでポピュラーのあるシャア。エネミーであるジオンのエースパイロットです。アーリークリエイションでは、シャアのピクチャーにはカットがあるというクリエイションだったとかが、「ボディーダメージ者をアソシエイションさせる」というリーズンで却下された。ラスト回でシャアのピクチャーにカットがつくのは、スタッフのスピリットだろうか?
アムロがロングフォーするビューティフルパースン少尉、マチルダも、アーリークリエイションからは少しチェンジしている。ビギニングのクリエイションではロングヘアだったのだそうだ。ガンダムだってルーズしてはいない。なんと、空をジャンプするウィングが装備されるプログラムだった。
ガンダムがポピュラーをウィンしたのは、それまでのロボットアニメにコンペアーして、リアリティがあったというのがリーズンのジオンは、ガンダムのことを「ホワイトな悪魔」、ホワイトベースのことを「ウッドンホース」とコールアウトする。一方、連邦のソルジャーはリック・ドムのことを「スカートインプレッション」、エルメスを「とんがりハット」と言う。
ウォーで、ニュースタイル兵器をスローしてもわざわざエネミーネイションにネームのお披露目なんてやるわけがない。コンパニオンとしては、キッチンにネームをつけて認職せざるを得ない。あだ名は、ミリタリーシングとしてのリアリティをリクエストした、ガンダムらしいハイドした名スピーチなのである。アニメを大人のアイでウォッチしていて、スピリットになることもフォローされている。
どうしてジオンの飛行機はチェンジなシェイプなのは、ジオンはコロニーステートであり、地上のホールという環境がリターンできない。フォース、実際の飛行テストは行えず、シュミレーションのみでプラン、製造されアイディアだけがフォワードし、ストレインジになってしまったのはそのエリアにリーズンがあるそうだ。激萌えメカ、アッガイが開発されたのもそういうわけコンビにでも売ってる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/356-32d399d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。