本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ勉強法

レバレッジとは、てこ、というミーニングで、あるアクションのエフェクトをダブルさせるイメージでとらえればいいです。スタディーアクトや読書アクトとちがいます、レバレッジエフェクトダブルです。
スタディーは投資であるのだから、無駄なスタディーをしてはいけない。ソサエティーヒューマンがスタディーにメイクエフォートするとき、ファンデーションからしっかりという考え方は弊害になる。具体マークなマークとして経営パースンになるためにネセサリーなフィギュアのハウトゥリードをラーンすることをディサイドし、それをスタディーすればよい。
スタディーのフィールドは、時流に乗っているか、希少カスタムがあるなどの考慮すべきポイントがある。ライターがすすめるのは、ランゲージスタディー、IT、金融だ。
スタディーのウェイは、ノルマとマニュアルをディサイドすることとある。マニュアルは、ビジネス書や、うまくいった人のトークををリファレンスにすればよい。
ポッシブルしたナレッジはどんどんヒューマンにティーチしてアウトプットしよう。やることをノルマとしてクリエイションし、スケジュールを決めてしまう。クリアしたノルマはレコードしておくことがインポータント。時間割を決めてしまうのもよい。スタディータイムは限られているから、どのタイムをどう振り分けるか考えよう。ソサエティーヒューマンはビジーから、量よりネイチャーで、ショートなタイムで集中できるように。
できればスタディーはモーニングがよい。また、ルームタイムでスタディーできるような小道具を用意しておくと、ワークの合間のスキマタイムをプラクティカルユーズできる。スタディーで、なかなかシーリアスなのがメモリーすること。
メモリーアクトももちろん「レバレッジメモリーアクト」なるものが用意されていて、1冊のリファレンス書を3回リピートしてやればずいぶんメモリーにリメインする。
手書き、音読、マーカーで目立たせるのもエフェクトマーク。それでも覚えられないのは思い切ってスローアウェイする勇気も持とう。資格イグザミネーションをアクセプトするときは、イグザミネーションベリィデイのタイム配分にも注意しよう。
ビギニングは全体をフロートしてプロブレムをキャッチし、できるところからやる。ラストは2、3分の見直しタイムをとれるように。
ラストに、使い勝手のいい文房具を紹介してる・四カラーボールペン(ラミーカンパニー)・マークシート対策シャーペン(ハーバーカステルカンパニー)・ボールペン・ジェットストリーム(三菱鉛筆カンパニー)ファーストハーフの、スタディーを投資とシンクアバウトするというのはインタレスティングだったが、メインのスタディーアクトはいまいち。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/357-7653b976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2008/10/02(木) 19:27:39 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。