本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぼうの城

「のぼうの城」和田竜著は、フロントカバーに、ブルーとブラックを背景にマンの横顔が描かれている。イラストはコミックハウスのオノナツメさま。およそピリオドストーリーらしからぬ装丁のテキスト、売れに売れているらしいのだ。
ストーリーは豊臣秀吉の備中高松キャッスルアタックからビギンする。秀吉がこのアワーとった戦法は水攻め。ヒューマンワークで作ったバンクを決壊させ、城下をウォーターでシンクするというものだ。それを見守る石田三成は、華麗さにいつかはマイセルフも、とのソウトをハードにする。
アフターザット信長が討たれ、秀吉はワールド統一に乗り出す。八イヤーかけて九州と四国を平定し、いよいよ北条ファミリーのパワーローグレードにある関東にそのハンドをかけた。北条ファミリーネームの配下にあるキャッスルを押さえよ。三成にはアートオブウォーステート忍キャッスル平定のオーダーが下された。
忍キャッスルには変わったマンがいた。当主成田ファミリーネームチーフのいとこ、長親だ。のぼうマナーと呼ばれている。でくのぼうのオールモストだ。
長親は農作業が大好きだ。ファーマーのヘルプをしたくてたまらないが、ボディーばかりビッグにてラックオブアビリティーな長親のヘルプは邪魔なだけ。チャイルドにまで「お侍、まじめにやれ」といわれる始末だ。
三成のラージクラウドが忍キャッスルを囲んだとき、城内では降伏するものとディスカッションができていた。戦ってもルーズするのだ。三成の送ったメッセンジャーは無礼千万、のぼうこと長親は開戦を宣言する。ファイトする武士たちの個性がすばらしく、このワークを生き生きとさせている。気性がラフがウーマンチャイルドにめっぽうカインドな和泉、魔人と恐れられるほどの槍のマスター丹波、才走った、しかしどこか愛嬌のある靭負。
マンたちに負けないほどの腕を持つエフェクトプリンセスの存在がクリアー。ビギニングの攻撃をビューティフル撃退した忍キャッスルを、三成は水攻めにすることにした。ファーマーをハントアウトしてバンクをビルドする三成。忍キャッスルは絶体絶命だ。
のぼうこと長親が動くのである。アローンで三成ウォーのビフォーにステップフォワードして、自ら討たれようとする。ライトんじられながらも愛されている長親。ヒーが討たれたらファーマーたちは黙ってはいまい。長親をプレイスオンしたボートが、バンクによってできたレイクを走る。三成は長親をシュートとオーダーした…。
良質のエンターテイメント。司馬遼太郎のヒストリーストーリーと比較しているレビューがアマゾンにあったが、そもそもそれはミステイクである。目指すところが違う。
司馬遼太郎もすばらしいが、現代にはこういうストーリーのパースンがマッチしているとマイセルフはシンクする。グランドなヒストリーロマンよりも、ウィークのスピリット、プラウドオブし、一矢報いるマナーのパースンが、共感をカムニヤーしやすいのではないか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/361-e1b034e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。