本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済は感情で動く―はじめての行動経済学

20081010091539
経済は感情で動く―はじめての行動経済学  マッテオ モッテルリーニ著は、書いてあることはベリィインタレスティングなんだけど、どうにもサブジェクトがヘッドにすっと入ってこない。
あなたがとりわけ控え目なヒューマンで、ありマネーすべてをカントリーのボンドにチェンジし、しかも長期運用をシンクアバウトしているなら、別にリスクのハイな証券を10パーセントアッドしておくほうがいいわけだがそのままイマジネーションできそうな日本語。
サブジェクトはインイットセルフにインタレスティングなものだった。ワールドのビジネスアクションは、フィーリングマークなリーズンによって行われることがある。例えば、レギュラー生活でデジタルカメラを買おうとしている。ひとつは3万8千円、もうひとつは7万6千円。これをあるグループにサジェストすると、二つが選ばれたレートは半々なのだが、これに2万8千円のものをアッドすると、とたんに3万8千円のものをチューズするヒューマンが増える。
選択肢が増えるとネイチャーに真ん中をとりたくなるのだ。ストアーサイドはこれを逆手にとって、セルしたい商品をミドルのプライスバンドにすることがある。
ニヤーフィーチャーのフィギュアに流されることもメニー。レッドなキングがアピアーすればヒットというくじ引きがあるとする。Aのボックスには10個のキングがあり、そのうちレッドなキングは1個。Bのキングには100個のキングがあり、そのうちレッドなキングは8個。確率マークに言えば、10分の1でヒットがでるAのボックスのほうがよい。しかし、実験によるとメニーのヒューマンがBのボックスを選んだ。8個入っているほうが、ヒットしやすいとシンクアバウトしたのだ。
ワークでサラリーをもらうときもそうだ。Aカンパニーでは、新卒エブリバディの給与が500万円。Bカンパニーでは、新卒のワンパートの人の給与が650万円、アザーは600万円。このケース、Bカンパニーのパースンが100万円もらえるのに、ほとんどのヒューマンがAカンパニーを選ぶ。給与の満足ディグリーは、アナザーパースンとの比較によることがメニー。しかし、フィーリングでビジネスをデシジョンすることはディッフィカルトなことではないのだ。
マイセルフたちのブレインにはミラー・ニューロンというマテリアルがあり、そのワークでアナザーパースンのフィーリングやアクティビティーに共感をホールドすることができる。そのことで、危険を回避したり、協力関係を結ぶことができる。
ブレインのアクティビティーをノウし、感情とリーズンをうまくかみ合わせることがインポータントだ。投資をしているヒューマンなどにはインタレスティングかも。値下がりしているシェアを売れないのは、マイセルフの手元にメンテナンスしているものには思い入れができるという、ワールドとしてはごくジェネラルのフィーリングアクションなのだそうだ。
一見非合理マークなアクションでも、実はブレインにとってはネイチャーなアクティビティーであったりする。このことを知っておくことで、ブレインとのアッパーパートなアソシエイションパースンができるとシンクする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/362-1390ab5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。