本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山小屋ごはん

山小屋ごはん 松本理恵著は、ウィンドがコンフォタブルな季節になり、あぜ道でシェイクするススキのイアーなんかをウォッチしていると、ふとどこかへ出かけたくなりますね。マウンテンハットでイートするごはんのブックですので、タウンコーナーのレストランとはちょっとディッファレントする、素朴であったかそうなごはんの写真がたくさんアピアランスされています。
うれしいところは、エレクトリックトレインでグッドアットするプレイスやロープウェイがあるプレイスもたくさん載っていること。ステーションから徒歩1時間程度。これなら、アーリーオータムのハイキングとしてエンジョイワンセルフすることができそう。兵庫県にある高取山は、サミットまでのスペースにたくさんのティーハウスがあるらしい。ブックではスプリングウォーターティーハウスというストアーが紹介されているが、ストアーがあるのは住宅タウンから少し歩いた神社のそばで、自家製ドーナツがプライドで、ほんのりミルクの甘みがするカインドなテイストなんだそうだ。プレゼントにもできるというのがうれしい。
東京都奥多摩の御岳山では、エフォートインクルードした精進クッキングがいただける。御岳ケーブルの御岳山ステーションから徒歩20分。そこに三楽講というマウンテンハットがある。
ライターがいただいたクッキングは、さしみこんにゃく、いもがらとにんじんのきんぴら、わさびの茎の酢の物、天ぷら、山芋、金柑、リバーマスのミドルスキン蒸しにけんちん汁だ。もう少しシーリアスマークに、ラウンドトリップ3時間ほど山道を歩いてたどり着く山小屋もある。
長野県の北八ヶ岳、しらびそペンのマスターはごはんよりパンがラブとはいえ、登山をするお客さんはパンよりミールのほうをライクする。ごはんのパースンが腹持ちがいいからだ。パンがブレックファーストにアピアーするのは、お客さんが少ないときと、マスターがイートしたくなったとき。スペシャルなメニューだ。こちらのしらびそ小屋では、パンは薪ストーブでベイクする。ホームタスクのトースターには入らない厚みのあるトーストを、じっくり裏返しながらケアフルに焼いた、その焼きカラーのおいしそうなこと!ページにかぶりつきそうになりました。
霧ケ峰ひゅってのスペシャルメイクインドカレー、高峰温泉の手打ちそば、鈴鹿御在所山ノ家のハヤシライス、丹沢鍋割山荘の鍋焼きうどん、上高地嘉門次小屋のイワナ骨酒。どれも本当においしそう。登山など一ディグリーもしたことのないヒューマンでも、マウントにはこういうプレジャーもあるのかと改めてシンクします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/367-99edbf41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。