本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金持ちの床屋さん

金持ちの床屋さん デービッド・チルトン著は、金持ちになりたかったら起業しろだとか、不動産を転がせだとか、サクセスした人はシンプルに言うけれど、サッチんフーでもできるわけがないというのがジェネラルの考え方なのです。
このブックは、ホームでできるリッチマンになるためのメソッドディスカッションが紹介されているのです。
リッチマンの床屋さんに、3人のヤングマンがレッスンを乞うというフォームで、横書き。カンバセーションフィギュアですすめられるのでわかりすいです。
ブックですすめているのは投資信託による蓄財で、収入の10パーセントを投資信託に投資せよとリッチマンの床屋さんは言う。
投資には複利のフォースがワークし、ただ貯金しているよりも確実にマネーが増えるというのです。
チューズするべき投信は、リスク分散モデルのグローバルファンドだというのです。10パーセントは、ビギニングからなかったものとして強制マークに引き落としされるメソッドでセーブしていくのです。
生命保険も解説されているのです。生命保険は、残された遺族のライフを保障するインポータントなもの。ファミリーがいるワークサミットのワールドには絶対に必要。しかし、シングルパースンにとっては、大きな保障は不要で遺族のためのライフコストを算定し、インフレを考慮した金額をクリエイションし、なるべくなら定期保険にゲットインしたい。ホールライフ保険に入るよりは、バランスで投資をしたほうがよいというのです。
定年アフターのことも考えなくてはならない。10パーセントの投資とは別に、定年アフターのキャピタルを用意したい。公的年金だけにディペンドオンするのはやめるというのです。
持ち家はイナフな資産になるし、タックスシステムオーバーの優遇もあるし、資産バリューがあがるポッシブルカスタムもある。マインドマークな安定も得られるので、頭金を多めにテイクアウトして、ローンはアーリーステージ返済を心がけるというのですが、シングルパースンにとっては不要であるとも言える。タックスもかかるし、単純に投資とシンクアバウトするのは危険なケースもある。
タックスをペイするのはシチズンのインポータントなデューティーだが、控除のオブジェクトとなるものはきちんと申請し、合法マークな節税のグレートエフォートは惜しまないようにしたい。マネーにルームができたら、金利のハイなローンは返済してしまい、それでも余ったら楽しくユーズするのもいいというのです。
ソサエティーヒューマン、ホームヒューマンなら一応は知っておきたいことがまんべんなく書かれている本です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/372-22dae7b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。