本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済を襲う二つの波―サブプライム危機とグローバリゼー ションの行方

日本経済を襲う二つの波―サブプライム危機とグローバリゼーションの行方  リチャード・クー著は、ビジネスナレッジの素養などまるでないヒューマンは、サッチブックをハンドにとってもいいかもしれません。ディッフィカルトなところもあるのだけれども、リードアウトすると止まらなくなるとシンクします。
アメリカのカレントの状況は、バブル崩壊後のジャパンによくシミラーしている。アメリカで、2000イヤートップエンドにITバブルが崩壊して、バランスシートに損をハブした企業は、設備投資のためのフレッシュな借金をすることをやめてしまった。
それではバンクにマネーが余ってしまうので、政府はいったん金利を大幅にハングした。理論オーバーだと、それで借金をする企業が増えるはずなのだが、借金に対するトラウマを持った企業は、バンクからマネーを借りようとはしなかった。
余ったキャピタルが流れ込んだのがサブプライムローン、低所得パースン向けの住宅ローンマーケットである。
ローンを組んだアフターに金利があがり、さらに住宅の供給は飽和コンディションを迎えていた。住宅のプライスが値上がりすることをあてにして組んだローンだったのに、返済額より住宅プライスが下がってしまうコンディションになり、イーチパースンはローンを放棄しスタートした。
アメリカでは、住宅ローンは、ハウスをバンクに返してしまえばペイするデューティーがなくなるので、バンクはバリューの下がった不動産を大量にハブすることになり、バンクが倒産するポッシブルカスタムがアピアーしてきたのです。
アメリカ政府は、ドルチープにガイダンスして輸出をアッドトゥすることでビジネスを立て直そうとしている。But、ネセサリーなことは金融メカニズムにキャピタルを投資し、倒産のクライシスからレスキューフロムすることである。
バンクがマネーを貸す体力がない、企業が新しい投資やユーズのためにマネーを借りないというのは、マネーのストリームが止まってしまうことになるのです。
バンクに預けるマネーは、企業に投資されて、企業は新しいハイアーや設備を生まなくてはビジネスはまわらない。プレゼントタイムの不況は、それがうまくいっていないことが問題なのです。
ジャパンにもバブルはあった。しかしそれは、ジャパン国内で収まるものだった。But、サブプライムローンは証券化され、世界イーチネイションのバンクにばら撒かれた。そのウェーブが、日本にもやってきているということ。
もう一つのウェーブ、グローバリゼーションに関してはラストの一章で述べられている。
中国をはじめとする新興諸国のライズオブは、先進カントリーのビジネスを脅かす。ウェストイーチネイションは、アゴージャパンのライズオブによりそれをエクスペリエンスしてるが、ジャパンにとってははじめての体験である。
今後ジャパンにネセサリーなことは、新しいバリューをベアーする、個性マークなシンキングをする人間である。横並びのトレーニングをチェンジするネセサリーがある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/374-b9626235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。