本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分は、比田井和孝と比田井美恵の共書でご夫妻で専門スクールを経営されているので、就職をドローインした生徒さんたちにパフォームするレッスンをまとめたものなのです。
成功パースンたちのいいトークをたくさんカスタムに出し、ソサエティーにアピアーして愛される「人財」を作ろうというものです。イエローハットの創業パースンである鍵山氏は、創業当時、人材不足にヘッドを悩ませていたというのです。ハイト成長ピリオドである。小さなカンパニーには少々プロブレムのあるヒューマンばかりやってくる。サッチインサイド、鍵山氏は一人でトイレのクリーニングにスピリットを出していたのです。ワードで説得するフォースは持っていなかった。アライバルしてくる社員の環境を整えようと思った。きれいにしておくことがオンリー、マイセルフが社員にしてあげられるサンクスのフィーリングだとビリーブしていたのですというのです。
ホンダの創業パースン、本田宗一郎は、1953年に最新のマシンを輸入した。当時のマネーで4億円で初任給が1万円というピリオドである。本田氏はカンパニーはつぶれるかもしれないが、マシンそのものは日本にリメインする。ジャパンのインダストリーワールドオブにサーブザパーパスするはずだと思ったのです。そのマシンを、従業メンバーが壊してしまったときに、本田氏は開口一番「ケガはないか」マシンはフィックスすればいい。But、人はハンドやフットをカットダウンしてしまったらファンデーションには戻らない。ケガがないのが一番だというのです。
ディズニーランドのクルーは、マニュアルをクロスオーバーしたサービスをパフォームすることで知られているのですが、あるとき、子供が園内を回ってコレクトしたキャラクターのサイン帳をドロップしてしまったのです。それを聞いたスタッフは、セイムサイン帳を購入し、キャラクターのサインをもう一度コレクトして子供にパスオーバーしたのです。後日ファザーからレターがリーチし、「あのチャイルドは難病で余命いくばくもないコンディションでした。ディズニーランドに行った日アフターに亡くなりましたが、最後まであのサイン帳をながめて、パパ、ファンだったねと言っていましたというのです。
横書き、スピークし口調なのでリードしやすいので、ニューフェイストレーニングなどにも使えそう。ちょっとした訓話に使えるマテリアルもメニーので、ビジネスマンのパースンにおすすめします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/379-49bf1b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。