本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上地雄輔フォト&エッセイ「上地雄輔物語」

上地雄輔フォト&エッセイ「上地雄輔物語」は、クイズヘキサゴンというプログラムで、おバカなキャラクターでポピュラーの上地雄輔さんの自伝マークエッセイです。
上地雄輔のホームは、決して裕福なハウスではなかったというのです。ファザーが変わったヒューマンだった。まぐろの血合いを使った「やるじゃんスカジャン血合いじゃん」なるおつまみを開発し、販売しようとするが、企画は大コケ。借金だけが残ったが、それをサポートするマザーはブライトに前向きだ。両親はプレゼントタイムでもとても仲がいい。
上地雄輔は、算数のプロブレムで「このフロントをウォッチしてアンサーしなさい」というセンテンスを、「この『むぎ』をウォッチして」などと読んだりしたのですが、応用プロブレムはプライドなチャイルドだった。
サッチヒーが熱心にメイクエフォートし、一時はプロを目指すまでになっていたのが野球というスポーツ。あの松坂大輔投手とバッテリーを組んでいたほどであるが、高校ピリオド、ヒーが最も尊敬し、ロングフォーしていたのは丹波慎也というエルダーだった。格好よくてスタディーもできて、それでいてやさしい。投手としてもすばらしいアビリティーにあふれていた。
上地雄輔が横浜商工高校に入学したのは、ヒーのピッチングをテレビでビューしたからだ。バッテリーを組んで、弟のようにかわいがってもらったのに、丹波はあるデイオブマンス、急性心不全でサドンデスする。丹波の言った、「俺たちはヒューマンをインプレッションさせられるポジションにいるんだから。ただサンクスしてマイセルフのできることをするしかない」というワードをチェストに、上地雄輔はプレゼントタイムも芸能ワールドオブでファインに働いている。
サッチ上地雄輔にも、トラブルが襲いかかるのです。高校二年でひじを怪我して、それから両親に五ヶ月スペース打ち明けることができなかった。五ヶ月スペース「ワシャ泣いたよ。エブリデイエブリデイ」。
野球をしてきたのは、ヘルプしてくれるみんなに恩返しがしたかったからだ。それなのにできなくなって、いろんなホスピタルを回ったけどだめで、エブリデイエブリデイ泣いた。ようやくニューイヤーに帰省し、両親に打ち明けてからもまた泣いた。しかし、両親のチアーしをアクセプトして手術を受けられるホスピタルを見つけることができた。
野球をやめたのは、怪我がコーズではない。怪我からリカバリーし、レギュラーになったとき、フィーリングのオーバーでヒーの野球ライフは終わったのだ。ヒューマンに恩返しをするために野球をやっていた。だけどラブではなかった。
アルバイトのつもりでスタートした芸能ワールドオブのワークだけど、プレゼントタイムだってもちろん恩返しをしたいけれど、マイセルフはこのワークがラブだと思える。オーネストで、周りのヒューマンにいっぱいサンクスして、ファンのチャイルドにはファインにファンにリブとメッセージを送って。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/380-469e1b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。