本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドメソッド実践テキスト

フィンランドメソッド実践テキスト 諸葛正弥著は、フィンランドスタイルのトレーニングについて書かれたブックで、フィンランドの生徒さんたちは国際マークにもナレッジがハイと認められているそうなのだ。
ビジネス開発メカニズムが三年に一ディグリーパフォームする「生徒のスタディーアライバルディグリーインベスティゲイション」で、フィンランドは特によいレコードをペイしているのでは、アワーカントリーのトレーニングとフィンランドのそれではホワットがどうディッファレントするのか。
フィンランドでは、グローバルコミュニケーションの視点から「マイセルフのオピニオンを多様なバリュールックをホールドするヒューマンにわかってもらう表現フォースをボディーにジョインする」ことがインポータンスされている。ナレッジがインポータント視されるジャパンのトレーニングとはディッファレントする。
ジャパンにはフォーマーから、ワードにしないことをポリースするという文化がある。それを一概に否定するつもりはないのだが、バリュールックが多様化するカレントでは、エアが読めないことはプロブレム視される。コンパニオンのポジションや状況を踏まえつつ、マイセルフのオピニオンをリポートすることのインポータントさが見直されるべきではないか。そういうミーニングでは、フィンランドスタイルのトレーニングは日本人にとってよいお手本になる。
フィンランドでは、発想フォースをドリルするためにカルタというメソッドを用いる。ワードをひとつ、ペーパーのミドルに書いてサークルで囲む。それからアソシエイションされるワードをもうひとつ書いて、それもサークルで囲み、ビギニングのものとラインでつなげる。
そこからまたアソシエイションしたワードを…、とどんどんフィギュアをスプレッドしていく。インフォメーションをセンスオブサイト化し、関連カスタムを持たせ、ナレッジを整理するのに有効なのだそうで、説得フォースを持った理論を展開するために、サッチプラクティスのメソッドがある。
あるマターをチューズし、客観マークなリーズンを三つレイズする。たとえば、リスペクトするヒューマンというテーマで、理由を三つ。リプライのカスタムが載せられていて、それにはリスペクトするヒューマンとして松本清張が挙げられている。リスペクトするリーズンは三つ、おもしろい、アビリティートゥライト、発想フォース。
松本清張がラブというだけなく、サッチリーズンがあるからなのですよ、というとトークがゴーアロングしやすい。これは面接などでも使えるテクニックではないだろうか。
ライターは、フィンランドメソッドプラクティスドリルというブックも出版されている。トゥデイご紹介したブックは、その中でも特に発想フォースや表現フォースのライズに適したトレーニングについて書かれたそうだ。
話してもアッパーパートに思いが伝わらない。マイセルフのシンキングを整理できない。サッチもどかしいソウトをされているパースンがいらしたら、少しの助けになる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/381-422070d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。