本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京島

東京島 桐野夏生著は、無人島での小説なのだが、清子は46歳で5年ビフォーにハズバンドと二ヒューマンで乗っていたクルーザーが難破して、無人島にたどり着いたのだった。太平洋の孤島。タロイモやバナナのワイルドカインドが生い茂り、餓えからはまぬがれることができたのだが、数ヵ月後に、日本人のヤングマン23人がアイランドに流されてきたのだ。与那国島でアルバイトをしていたヤングマンだが過酷なワークコンディションを嫌ってエスケープしてきたのだというではないか。さらにその三年後に中国人のグループが流れ着いた。密航の途中、捨てられたマンたちだった。日本人と中国人はアイランドの東西でハウスをセパレートし、日本人がリブインするプレイスをトウキョウ、中国人がリブインする場所をホンコンとコールアウトするようになった。サッチ状況ローグレードでリブするワールドたちのステートが描かれたストーリーなのだ。
実際にあった「アナタハンアイランドイベント」をモチーフにしているという。孤島にリブインするたくさんのマンとたった一ヒューマンのウーマン。アナタハンイベントはウォータイムインサイドに起こったが、この小説は現代ドラマである。太平洋の孤島に流された清子やそのハズバンドが、コーラがドリンクしたい、ジャムの付いたパンがイートしたいとウィッシュするくだりがある。法律のルールがないプレイスで、ウーマンが一ヒューマンでリブするなんてどれだけロンリィかとシンクする。まして清子のハズバンドはとっくに亡くなっているのである。
清子はこの状況を楽しんでいる。何しろ、ヤングなマンたちがエブリバディ、マイセルフをあがめ、奪い合っているのだ。清子のハズバンドはカスカベという名前のマンに殺されたが、それでも清子はカスカベに求められることがうれしかったのだが、孤島ライフがロングになると、次第に若者たちは清子にインタレストを示さなくなった。清子のハズバンドはくじ引きで決められる。ビギニングはエブリバディが立候補したものだが、5年アイになるとピックパースンが5人しかいなくなった。
男性フェローでマリードカップルライフをセンドするものもアピアーしスタートし、いびつなシェイプで孤島のライフは安定をショーしスタートする。清子はある日、中国人のグループとともにアイランドをエスケープしようとするのだが、アイランドの周囲にはハードなオーシャンカレントがありミステイクしてまたアイランドに流されてしまった。裏切り者として周囲からはじき出される清子だが、そのボディーにはチャイルドが宿っていた。中国人のリーダーのチャイルドかもしれないのだが、清子は日本人グループのインサイドでその子どもを生もうとする。サッチインサイド、またアイランドの均衡をティアーするイベントがあった。フィリピンヒューマンのヤングなウーマンが流されてきたのだ。ゼイは、ライフフォースのある中国人グループをディペンドオンし、乗ってきたシップで再びエスケープをトライする。双子をギブバーストゥした清子は、決死の覚悟でそのシップに乗り込んだ。男女の双子は、ヤングマンは住民に奪われ、ウーマンのベイビーだけが清子とともにシップにゲットオンすることができたという、サッチフィーリングといったあらすじなのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/387-95646f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。