本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでわかる!裁判員制度

これでわかる!裁判員制度 平野哲郎著は、わかりやすいしインタレスティングし、おまけにチープ。ニューブックなので持ち運びもイージーときている。文句のつけようがない。このブックでは、裁判メンバーシステムに対するクェスチョンにQ&Aフォームでアンサーしてくれている。たくさんのクェスチョンがされているのだけど、そのクェスチョンが素朴なのがうれしい。
たとえば、「審議のプログラムインサイドにトラベルのプランが。裁判メンバーをターンダウンすることはできるか」というクェスチョンがある。アンサーは「ビジネスマークな不利益をこうむるのでターンダウンすることもポッシブル」。なーんだ。強制マークにコートに引っ張られるのかと思っていたけれど、ごくジェネラルのコモンセンスが通用するのだが、裁判メンバーに選ばれ、裁判に参加してセンテンスをテイクダウンするまでのステートがコミックになっているのだけど、このコミックもわかりやすくていい。
コミックのメインキャラクターになっているのは一サラリーマンのマン。カンパニーのボスにディスカッションするところ、センテンスをテイクダウンするのにウォリードするところ。ジェネラルのシチズンがヒューマンをジャッジすることのディッフィカルトさがリアルに感じられるだが、少しばかり、裁判メンバーとはホワットものなのか、Q&Aを抜粋してみます。
・裁判メンバーシステムってホワットもの?一般市民がシーリアスイベントの審理に参加するシステムのこと。選ばれるのは選挙ライトをホールドするシチズン6ネーム。選ばれると、住民ティケットオーバーのアドレスのあるローカルコートからコールシェイプが送られてくる。
・裁判にかかる日数は?だいたい三日ディグリー。日当やトラフィックコストがアピアーする。宿泊コストがアピアーすることも。
・どのくらいの確率で裁判メンバーになるの?約5サウザンドヒューマンに1ヒューマン。ファミリーの介護、パースンヒムセルフの病気、仕事のシーリアスさで代わりになる人員がいないなどによっては辞退もポッシブル。
・法律を知らなくてもセーフ?セーフ。シチズンのセンスをハーベストするためのシステムなので、あなたが思ったことをスピークしてください。
・デッドボディーの写真、ウォッチしたくない。ジャッジとともに、プルーフとなる写真をウォッチするネセサリーがある。しかし、カレント、心理マークチャージをライトにするためのメソッドをイグザミネーションインサイド。カンファレンスによるPSTDの補償はないが、テレフォンディスカッションティケットウィンドウを開設するプログラム。
・裁判メンバーになって、ボディーの危険はないの?実際に裁判に携わっているジャッジは、そのようなデンジャーをフィールすることはない。シチズンのエブリバディもウォーリィするネセサリーはない。
2006年に行われたパブリックオピニオンインベスティゲイションでは、裁判メンバーに否定マークなシンキングのヒューマンのレートが全体の75パーセントだったそうですか、アメリカなど、シチズンが参加するシステムを採っているカントリーでは、参加パースンのジェネラリィが「やってよかった」とアンサーするのだとか。
現実には、ジャッジたちはエブリバディまじめに裁判に取り組んでいる。しかしながらプロブレムスポットもある司法のプレイスに、シチズンのオピニオンをハーベストすることはよいこと、ではある。自分が選ばれるのは、マイセルフは正直に言うといやだ。でも、このブックを読んで、ネイチャーの知れないフィアー感が少し薄らいだのはファクト。プレゼントタイム、読んでおくべき一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/388-bfb1c3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。