本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新しい人」の方へ

「新しい人」の方へ
◇大江健三郎/著 
 ◇朝日新聞社
 ◇1,200円(本体)

この本は、ノーベル賞作家、大江健三郎氏のエッセイです。
「週刊朝日」で連載されていたエッセイの単行本化ですが、大人も子
供も楽しんで読むことの出来る良質なエッセイと言っても過言ではな
いでしょう。
 
そもそも、この本はベストセラーとなった前作のエッセイ「『自分の
木』の下で」(2001年7月発行/朝日新聞社)の第二弾。
本書でも現代に生きる大江氏と子供の頃の大江少年、現在と過去を行
き来し、実生活、実体験から得たこと考えたことを読者に解りやすく
伝えてくれます。

障害を持って生まれた長男、光氏を中心として回る家族の輪、家族の
絆。そして、そこから得た喜びと希望。
子供時代の大江氏と彼の父親との会話、大江氏の両親の会話、大江氏
の受けたイジメの話、ノーベル賞を受賞したことから得た経験談など。
その他、大江氏が読者に語る多くの実体験から、私たちは私たちの生
活にとって必要なこと、習慣付けたいこと、しいては人生について必
要なこと、生きていく上で必要な力とは何か、を学ぶことができるで
しょう。

また、大江氏は例を挙げ、若い読者が今、解いていかなくてはならな
い問題を提議します。
そして、若い読者はそれらの問題をこえて、「伸びてゆく素質を持ち
続けていくことだろうと信じる」と結びます。
大江氏から若者へのエール、まるでこれからの未来を担う若者にこ
そ響いて欲しい激励の言葉のようです。
本書を通して、読者に向き合い語りかける大江氏の姿を、読者は感じ
ることができるはずです。
 
終わりに、著者、大江氏は本書を作ろうと思い立った時のことを、次
のように述べています。
「もうひとつの本を作ろう、と思いたった時、私は新しい方針を立て
ました。
この本を読んでくださる人たちへのメッセージのもとになるものをま
ずはっきりさせよう、そして書き始めることにしよう……」と。
子供から大人まで、幅広い読者に投げかけられた大江氏の15のメッ
セージを貴方はどのように感じ、受け取るのでしょうか。
 
なお、イラストは大江夫人、ゆかりさん。柔らかくも温かい絵が読者
の心を和ませ、大江氏の文章に花を添えています。この本は「大江夫
妻の合作エッセイ」と言っても良いかもしれません。
また、読書家の大江氏らしく、本書内では様々な本の紹介もされてい
ます。
テーマに沿った本をその都度、提示してくれているので、これらの本
を一読することも、本書をより深く楽しむ手段の一つでしょう。

本書から「新しい人」になる方法を読み取り、「新しい人」の方へと
一歩進み出してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

みてみてみて!

こんにちは!sagamiです。
オススメサイトを紹介しますー。

「よめろぐ」 http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログです。
僕は残念ながら男なので、登録はできませんが、最近よく見にいってます。

姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
お嫁さんて大変なんだなぁーって勉強になります。
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!

  • 2006/06/09(金) 21:44:57 |
  • URL |
  • sagami #JalddpaA
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/4-5a6074bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。