本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカジョンパーキンス著は、エコノミック・ヒットマンのパブリックのワークはビジネスコンサルタントである。発展途上カントリーにゴートゥし、開発のためのサポートをパフォームするのだが、そのトゥルースのパーパスは、途上カントリーを骨抜きにしてアメリカのルールローグレードにプットすることなのである。
融資をしてインフラメンテナンスのための工事をさせる。そのコンストラクションワークを請け負うのはアメリカのプライベート企業である。融資をしたマネーはそのままアメリカに還元されるというわけだ。
債務だけが残った途上カントリーは、債務パースンであるアメリカの言いなりにならざるを得ない。軍事ベースの設置、国連での投票、ネイチャー資源のビジネスなど、すべてアメリカのベターなコンディションですすめられるというのだ。
国際政治のアザーサイドを描いた、ライターいわく「現実のストーリー」なのだが、ジョン・ル・カレやグレアム・グリーンのストーリーを読んでいるようなフィーリングになる。
ライターはメインカンパニーというカンパニーに雇われ、エコノミック・ヒットマンとしてワークすることになった。インドネシアにサポートをパフォームし、サウジアラビアでも大プランな開発にハンドを貸す。そうすることで、アメリカはオイルのインタレストをハンドにプットインした。サウジのプリンスのクレイムにこたえて、ビューティフルなウーマンを「手配」したり、スパイムービーも顔負けの仕事をしているというのだが、ヒーのマインドに残ったのはパナマのトリホス将軍だ。ヒーは真にカントリーを思い、アメリカがプレゼントするサポートにはロングサイドがあることを見抜いていたというのだ。
ライターはトリホスと面談し、パナマのためになるプランをテイクアウトするように指示され、ジェネラルはパナマ運河をパナマヒューマンバイワンセルフのハンドで運営したいとシンクアバウトしていた。アメリカのマスコミはヒーを独裁パースンと評し、ネガティブキャンペーンを行ったが、トリホスは屈しなかった。
カーターと条約を結び、パナマ運河をテイクバックしたのだが、ピリオドがブッシュプレジデントに変わったとき、トリホスは飛行機アクシデントで死んだ。中南米の新聞にはCIAによる暗殺というニューズストーリーがアピアランスされた。
ライターがこのブックを書こうと思ったきっかけは、9.11テロにあるという。ビン・ラディンがマイセルフがチャージしたサウジアラビアからサポートをアクセプトしていたのを知っているし、アメリカがワールドで憎まれていることを知らせたかったのだという。
ライターにはドーターがいるが、マイセルフがやってきたことがチャイルドや孫のワールドに悪影響をギブしているのを黙って見過ごすことができなかったというのだ。
アメリカは大帝国になりたかった。一ヒューマンウィンしたかったが、その野望はアメリカのフィーチャーに禍根をリーブすることになったというのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/402-64a74178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。