本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホは神の望み

アホは神の望み 村上和雄著は、京都大学農学部を卒業アフター、アメリカに留学されている。遺伝子を研究している学者さんで、カレントは筑波大学の名誉プロフェッサーをされている。
村上和雄ティーチャーはバイワンセルフがファインなアホだと思っている。ティーチャーは、スチューデントピリオド周りのヒューマンから「あいつはアホ」と言われていたローグレードカスタムで、器用とは程遠いキャラクターだったのだが、そのことが後に偉大な成果をギブバースすることになる。
村上和雄ティーチャーは、ワールドで初めてレニンという血圧をコントロールする酵素を純化精製することにサクセスしたのは、ひらめきやスマートさとは無縁の、ひどくタイムのかかるワークのトップエンドにポッシブルした成果だ。
ティーチャーは、カウの脳下垂体からレニンを抽出したのだが、抽出したレニンはわずか0.5グラム。それをハンドにするために3万5千頭ミニットの脳下垂体をハンドむきしたのだという。
サイエンスパースンで偉大な成果をリーブするワールドは、こういったオーネストで、ヒューマンがあきれるようなワークを黙々とこなすタイプがメニー。ノーベルプライズをとった田中耕一さんもそうだ。また、同じくノーベルプライズの湯川博士などは、未だにマイセルフが凡才であると語っている。ソサエティーワイズなヒューマンばかりで、マイセルフだけが損をしているようなフィーリングになってしまうのだけれど、こういうお話をきくと少しマインドがライトになる。
アホは病気も治す。トレインアクシデントにあったドーターをチアーするために、マザーがホスピタルルームでブライトなトークをして、ジョークを言っていたところ、ドーターはビューティフルにリカバリーしてトリップもできるようになった。メディカルドクターからは「このままではもって三ヶ月」と言われていたのに。
マイセルフはアホやなぁとワイズな人は、もっとコンフォートにリブしている。木枯らしのブロゥするタウンをウォークしながら、サッチフィーリングにとらわれそうになったら、ぜひこのブックをハンドにとって欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/404-52234c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。